FNMNL × LINE MUSIC スペシャルプレイリスト Vol.10 | HyperJuiceが選ぶ夏に聴きたいフェイバリットチューン

FNMNLと音楽配信サービスLINE MUSICのスペシャルプレイリスト企画。アーティストやDJなどのキュレーターがLINE MUSICの膨大なアーカイブの中から、テーマ別で選曲を行う。

今回登場するのはカネボウ『ALLIE』のウェブ CM 曲を収録した第一弾『DAY』を 6/23に、第二弾『NIGHT』を7/7に2作連続リリースしたばかりのHyperJuiceが登場。

「真夏の昼夜様々なシチュエーション毎に聴きたい楽曲を幅広くセレクト」したという夏のフェイバリットチューンをLINE MUSICからセレクトしてくれた。

HyperJuiceが選ぶ夏に聴きたいフェイバリットチューン

1. HyperJuice - "Can’t Look Back"

HyperJuice

2. Pa’s Lam System - Don’t Give Up To Love feat. 向井太一 (HyperJuice Remix)

Paslam

3. TOTALFAT - "Delight!! feat. J-REXXX"

totalfat

4. Jazztronik - "TIGER EYES"

Jazztronik

5. Pa’s Lam System × PARKGOLF - "Fireworks"

Paslam

6. SALU - "LIFE STYLE feat. 漢 a.k.a GAMI, D.O"

SALU

7. Future - "Straight Up"

Future

8. ZEN-LA-ROCK - "SEVENTH HEAVEN feat.鎮座DOPENESS & G.RINA"

ZEN-LA-ROCK

9. Kevin Lyttle - "Turn Me On"

3f9ca90718bc8a9571cba54edd70ac35.600x600x1

10. STUTS - "夜を使い果たして feat. PUNPEE"

STUTS

HyperJuiceが選ぶ夏に聴きたいフェイバリットチューンプレイリストの試聴はLINE MUSICで。

Info

Day

(※デジタルのみ) ▪︎『DAY』
2017.06.23 Digital Release 収録曲:
1. Get Hyper
2. Can’t Look Back

Night

▪︎『NIGHT』
2017.07.07 Digital Release

RELATED

『EDC JAPAN 2019』でVERDYがプロデュースする移動式ステージが登場 | 国内外のゲストの飛び入りも?!

5/11(土)と5/12(日)に千葉・幕張で開催されるダンスミュージックフェスティバル『EDC JAPAN 2019』。Major LazerやSkrillexなどを中心にしつつ今年はFutureやAwich、kZmからPeggy Gou、Marcel Dettmannなど多彩なアーティストが出演するビッグフェスと、「Girls Don‘t Cry」や「WASTED YOUTH」などのプロジェクトで世界的に注目を集めるVERDYとのコラボレーションが決定した。

「NINJA PROJECT」から、極東最端のパフォーマンス集団「B.W.T.」と「D.B.D.」の2組がLeon Fanourakis & Awich、NOTHING TO DECLAREのMasを迎え始動

昨年、日本忍者協議会とエイベックスによる「NINJA PROJECT」が発表された。東京・味の素スタジアムで行われた『a-nation 2018』には、全身を赤もしくは黒で覆った謎の集団が登場し、重力を無視した回転技を次々に披露、オーディエンスを沸かせた。

【レビュー】星野源が『POP VIRUS』で示した「“日本流”のアーバンミュージック」

星野源の最新作『POP VIRUS』にはMPCプレイヤーとしてSTUTSが参加していることなどから、ビートに対するアプローチが特に注目されているけど、個人的にはなぜか1stアルバム『ばかのうた』を思い出してしまった。 音的には全然違うのになんでだろうな、と考えながらアルバムのブックレットに収載...

MOST POPULAR

【Interview】UKの鬼才The Bugが「俺の感情のピース」と語る新プロジェクト「Sirens」とは

The Bugとして知られるイギリス人アーティストKevin Martinは、これまで主にGod, Techno Animal, The Bug, King Midas Soundとして活動し、変化しながらも、他の誰にも真似できない自らの音楽を貫いてきた、UK及びヨーロッパの音楽界の重要人物である。彼が今回新プロジェクトのSirensという名のショーケースをスタートさせた。彼が「感情のピース」と表現するSirensはどういった音楽なのか、ロンドンでのライブの前日に話を聞いてみた。

【コラム】Childish Gambino - "This Is America" | アメリカからは逃げられない

Childish Gambinoの新曲"This is America"が、大きな話題になっている。『Atlanta』やこれまでもChildish Gambinoのミュージックビデオを多く手がけてきたヒロ・ムライが制作した、同曲のミュージックビデオは公開から3日ですでに3000万回再生を突破している。

Floating Pointsが選ぶ日本産のベストレコードと日本のベストレコード・ショップ

Floating Pointsは昨年11月にリリースした待望のデビュー・アルバム『Elaenia』を引っ提げたワールドツアーを敢行中だ。日本でも10/7の渋谷WWW Xと翌日の朝霧JAMで、評判の高いバンドでのライブセットを披露した。