MANONのセカンドシングルはローファイ・オルタナポップ

ヒップホップやオルタナティブ・ロックといった 「ユース・ミュージック・カルチャー”」の現在形と、日本発のガーリー・カルチャーを融合させるMANONの、セカンド・シングル"BEAT THE BAD LUCK"がリリース。ミュージックビデオも公開された。

ファンシーなヒップホップチューンだったファースト・シングル"xxFANCYPOOLxx"から一転"BEAT THE BAD LUCK"は、ローファイなオルタナティヴポップチューンを展開。

「最悪についていない1日」を綴ったセンシティヴで微笑ましい歌詞が、疾走感たっぷりのギターポップ・サウンドとハマっている。MANONの歌唱も、アンニュイさとピュアネスを同時に感じられる。

今回もサウンドやアートワークのトータル・プロデュースを務めるのは、「xxFANCYPOOLxx」と同様にHNC(a.k.a. Hazel Nuts Chocolate)のYUPPA。ミュージックビデオも自らディレクションしたMVは、MANONの地元である福岡市内で撮影。楽曲と同様にMANONの過ごす日常風景から切り取ったかのようなハンドメイドな質感の映像となっている。

またファースト・シングル"xxFANCYPOOLxx"がアナログ7インチでリリースされることも決定した。

Info

MANON_BTBL_jake_

 

■アーティスト:MANON
■タイトル:BEAT THE BAD LUCK
■レーベル:CATICORN / WHITE LILY
■リリース: 2017年7月28日
■配信URL:
▲ iTunes : https://itunes.apple.com/jp/album/beat-the-bad-luck-single/id1262375686
▲ Spotify : http://open.spotify.com/album/3issn3xcS7SaG1bPdrG72z

 

初のフィジカル・リリースとなる7インチ・アナログ盤。7月7日に配信リリースされたデビュー曲「xxFANCYPOOLxx」をA面に、B面に7月28日に配信リリースされる「BEAT THE BAD LUCK」を収録。限定盤ピンクカラー・ヴァイナル仕様です。

■アーティスト:MANON
■タイトル:xxFANCYPOOLxx
■レーベル:CATICORN / WHITE LILY
■フォーマット:7inch + Download Code
■品番:CATIC001
■リリース: 2017年8月30日
■価格:1,500円+税
■収録曲:
Side-A: xxFANCYPOOLxx
Side-B: BEAT THE BAD LUCK

ダウンロードコード(※7インチ収録曲に加えてボーナストラックを収録予定)

<アナログ盤の流通に関するお問い合わせ>
JETSET
TEL: 03-5452-2162
distribution@jetsetrecords.net

RELATED

MANONがLEXをフィーチャーしKMがプロデュースした新曲"AIR KISSING"をリリース

Normcore Boyzとの共演曲"2 LIVE IN A REAL WORLD"をリリース以降、Sleet MageやYuckleなど新世代の気鋭アーティストとの共演が続くMANONが、今度はLEXをフィーチャーした新曲"AIR KISSING"をリリースすると発表した。

MANONがSleet Mageを迎えた新曲"WINTER LIL LIFE"のリリックビデオを公開

昨日リリースされたMANONの新曲"WINTER LIL LIFE feat. Sleet Mage"のリリックビデオが公開された。

MANONがSleet Mageとのコラボ曲"WINTER LIL LIFE"をリリースへ

Kero Kero BonitoやRyan Hemsworthデビューアルバム『TEENAGE DIARY』を昨年リリースし、Normcore Boysが参加したリミックス曲"2 LIVE IN A REAL WORLD"も話題になったMANONが2019年の1stリリースをアナウンスした。

MOST POPULAR

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。