住所も電話番号も載っていない福岡便利帳『LOCAL’S CHOICE FUKUOKA CITY GUIDE』

福岡・博多のデザインホテル「WITH THE STYLE」の一画に店舗を構える"旅"をテーマとしたコンセプトストア「FROM WHERE I STAND 」が、福岡のシティガイドブックを発行する。

0705_0037

”住所も電話番号も載っていない。福岡便利帳” のコピーのもと、発行されるガイドブック『LOCAL’S CHOICE FUKUOKA CITY GUIDE』は、 福岡在住の4人のライターがその街のお気に入りの飲食店、観光スポット、ショップなど50の事柄について思い思いに文章で伝えていくという内容のもの。

取扱は福岡限定だけということだが、店の住所や電話番号を掲載しないなど、それを逆手に取るように親しい仲と故郷について”話し合う”ような雑誌作りの提案がなされている。

ガイドブックの中では編集に 『スペクテイター』編集長の青野利光氏、 アートディレクションに峯崎ノリテル氏を迎えていて、セレクトショップ発行だからこそ出来る仕上がりも期待される。

価格は、ワンコインとリーズナブルで、 取扱店は8/4に先行販売される同店 「FROM WHERE I STAND 」 だけでなく、8/11からは TSUTAYA BOOKSTORE福岡空港など、福岡市内の一部書店・雑貨店でも取り扱われるという。

http://fwis.jp

related

音楽プロデューサー松尾潔が初の小説『永遠の仮眠』を発表 | 音楽業界の内実を描き表紙には岩田剛典が登場

音楽プロデューサー、作詞家、作曲家として多くのアーティストに関わってきた松尾潔が、初小説となる『永遠の仮眠』を2/17(水)に発売する。

環ROYが翻訳した「多様性」をテーマにした絵本『ほら ぴったり」が発売

昨年はビートを全て自身で手掛けたアルバム『Anyways』を発表し新境地を切り拓いた環ROYが、またしても新たなチャレンジを行なった。環が行なったのは絵本『ほら ぴったり』の翻訳だ。

トリプルファイヤーの吉田靖直が初の書籍 『持ってこなかった男』 を発表

トリプルファイヤーのボーカル吉田靖直が初の書籍『持ってこなかった男』を、2月に発表する。

most popular

ヘイトスピーチや嫌がらせを発見した時にするべき4つのこと

公共の場で嫌がらせを受けている人を見つけた時はこのように行動しようというイラスト付きのリストを投稿され、多くの人にシェアされている。

テキサスで男性が鋼鉄のフェンスとセックスし逮捕

18日、米テキサス州の32歳の男が鋼鉄のフェンスと性行為を行い、告訴された。法廷に現れず、現在逃亡中とのこと。

ヴェネチアのビエンナーレに出展された「世界東京化計画」とは?世界の有名都市が東京に変化する映像作品

6つの都市が「東京のようなアーバンランドスケープになってしまったら?」というテーマ制作された「世界東京化計画」というビデオ作品はヴェネチア・アーキテクチャー・ビエンナーレで展示されている。