Joey Badass、JAY-Zのニューアルバム『4.44』に影響を与えたと語る

今週水曜日、Joey BadassがMontrealityのインタビュー動画に出演した。その際に、JAY-Zの最新作『4.44』はJoey Badassのラップに影響を受けていると語った。

JAY-Zの最新作について聞かれると、「YES、やってくれた。この街のサウンドだ」と同じニューヨーク出身の先輩ラッパーの最新作のサウンドがNYをそのまま表していることを喜んだJoey Badass。「ちょうどこの辺をドライブしながら聞いたら、まさにこの街のサウンドトラックだと感じた」とのこと。前作の『Magna Carta』を聞いた時はそうは感じなかったらしい。

そしてJoey Badassは今回の『4.44』は自分のラップに影響を受けているとも言及。「『4.44』に俺がインスピレーションを与えたと確信している。上の世代の先輩ラッパーたちはプレッシャーを感じてるんだ。このまだ若いJoey Badassが出現して、先輩たちより先に言うべきことを言っている姿を見て、やっとあいつらも言わなくちゃいけないことを思い出したんだ」と自分のラップが先輩達にプレッシャーを与えていると語った。

さらに「あのアルバムが大好きだ。すばらしい。JAY-Zが全てをアルバム内で語ってくれたのが嬉しい。そしてそのインスピレーションに俺がなれたのも嬉しい。俺を貪欲にさせる。もっと欲しくなる。もっとハードにいきたくなる。まさに今そうだよ、俺は今究極の状態だ」ともコメント。

今回のインタビュー動画では他にも様々なことについて言及。好きなアニメを聞かれて「ポケモンやドラゴンボールのようなクラシックなアニメはもちろん好きで、最近一番好きなのは『鋼の錬金術師』だ」と発言した。魂が肉体から離れるという設定や、作品内に登場する主人公のコートのデザインがお気に入りなようである。

今回のインタビューで『4.44』に影響を与えたとJoey Badassが発言したことに対してJAY-Zはまだ反応していない。本当にJoey Badassの影響を受けたのか真偽は不明であり、もしそうだったとしたら大先輩のJAY-Zは若手から影響を受けたことを認めるかどうかも気になるところである。

インタビュー動画はこちら

related

Jay-Zがマリファナビジネスに参入するマイノリティをサポートする基金を立ち上げる

昨年、自身のマリファナブランド「Monogram」を立ち上げたJay-Z。そんな彼が、新たにマイノリティが経営するマリファナのスタートアップ企業に投資するための基金を立ち上げたことが報じられている。

Megan Thee StallionがJay-Zからホットな女性になるためのアドバイスを受けたと明かす

Cardi Bとの大ヒット曲“WAP”や先月発表された新作『Good News』など、押しも押される勢いで活動を続けるMegan Thee Stallion。そんな彼女が、自身の所属レーベルRoc NationのオーナーであるJay-Zから貴重なアドバイスを受けたことを明かしている。

Jay-Zが自身のマリファナブランド「Monogram」から1本50ドルのジョイントを発売

10月末、自身のマリファナブランド「Monogram」のローンチが発表されたJay-Z。今回、そんな「Monogram」から発売される商品の詳細が明らかになった。

most popular

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。