KANDYTOWNのMUDのソロデビュー作から“No Stucks”が7/7にiTunesとApple Musicで先行配信

KANDYTOWNのメンバーMUDがソロデビューアルバム『Make U Dirty』を7/26にリリースする。それに先駆けてミュージックビデオも公開されていた先行シングル“No Stucks”が、明日7/7からiTunes Store / Apple Musicエクスクルーシヴで解禁される。

デビューアルバム『Make U Dirty』は、YOUNG JUJUがエグゼクティヴ・プロデュースし、Neetzが全曲のビートを手がけている。ソウルフルなプロダクションをメインとする楽曲群に、MUDとKANDYTOWNの面々も随所で参加した内容になっている。ミックスを手掛けるのはThe Anticipation Illicit Tsuboiだ。

Info

MUD

アーティスト: MUD (マッド)
タイトル: Make U Dirty(メイク・ユー・ダーティ)
レーベル: KANDYTOWN LIFE / P-VINE
品番: PCD-28038
発売日: 2017年7月26日(水)

related

KANDYTOWNのYOUNG JUJU(現KEIJU)が2016年に発表した1stソロアルバム『juzzy 92'』がアナログ化

KANDYTOWNのKEIJUがYOUNG JUJU名義で2016年に発表した1stソロアルバム『juzzy 92'』のアナログ盤が11月23日(火)にリリースされる。

KANDYTOWNがABEMA MIXでライブとDJを披露

KANDYTOWNが6月にリリースした新曲"METHOD"とメンバーのMUDによるレゲエをコンセプトにしたEP『BURNING SUGAR』のリリースを記念して、ABEMA MIXでDJ & LIVEを披露する。

KANDYTOWNのMUDがレゲエをコンセプトにしたEP『Burning Sugar』をリリース|ダイジェスト動画も公開

KANADYTOWN所属のラッパーMUDが「レゲエ」をコンセプトにした6曲入りのEP『Burning Sugar』をリリースした。

most popular

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。