Ian ConnorとLil Pump、Smokepurppによるビーフが勃発 | XXXTentacionも参戦

昨年4月に性的虐待の疑いで訴えられ、その後VLONEのA$AP Bariと殴り合いの喧嘩も起こし、存在感が薄くなっていた人気スタイリストのIan Conor。

かつての存在感を取り戻そうとしたのかどうかはわからないが、勢いのある若手ラッパーに難癖をつけている。

ConnorはマイアミのラッパーSmokepurppが着用しているネックレスが、Playboi Cartiのトレードマークの蝶のマークと酷似しており、そのネックレスを外すべきだと非難。

それに対しSmokepurppは、そのペンダントは全く関係ないものだと全くConorのコメントを意に介していないコメントを残した。

Smokepurpp
Via Elevator

さらにそのConorの言動に対してSmokepurppの盟友Lil PumpもInstagram LiveでConorを非難。「誰かがゴミみたいなことを言ってるな、レイプ野郎のIan Conorだよ。おれはまだ16歳でこれから世にでてやるんだよ、お前はもう終わりだ」とその勢いのままのコメントを残している。

そして同世代の暴れん坊XXXTentacionはConorに対し「お前も間違ってないけど、Pumpとおれはいい感じにやってるぜ、あいつはめちゃくちゃ頑張ってるからな」と同郷の後輩の方を持つ発言を行った。

Conorにしてみたら軽く噛みついたら、猛攻撃を受けてしまった形だろうか、時の流れの速さを実感させるビーフだ。

 

related

XXXTentacionの短く壮絶な生涯を描く評伝『ぜんぶ間違ってやれ──XXXテンタシオン・アゲインスト・ザ・ワールド』が刊行 | 著者は『くたばれインターネット』のジャレット・コベック

2015年にリリースした"Look At Me!"で注目を集めて、一躍人気ラッパーのポジションに躍り出るも、恋人への監禁・暴行や強盗などで逮捕・収監され、2018年に地元フロリダで銃撃され、わずか20歳でこの世を去ったXXXTentacion。

Lil Pumpがドナルド・トランプの選挙集会に登場するも名前を間違えられる|複数のラッパーから批判も

アメリカでは今日が大統領選挙の投票日。世界中が選挙の動向を固唾を飲んで見守る中、ヒップホップシーンからも様々なラッパーが投票を呼びかけるなど、行動を起こしている。そんな中、先日トランプ現大統領の支持を表明し話題を呼んだLil Pumpが、なんとトランプの選挙集会に登場しスピーチを行った。

21 Savageが自身の楽曲と酷似したLil PumpとDoe Boyの楽曲について「収益の50%をくれ」と語る

先週、Metro Boominとのコラボシリーズの待望の新作『Savage Mode 2』をリリースした21 Savage。そんな彼が、最近発表されたLil PumpとDoe Boyの新曲について物申している。

most popular

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。