人気スタイリストIan Connorが性的虐待の疑いで告訴される

A$AP Mobファミリーの一員、そしてKanye Westの”ファッションミューズ”として一躍有名となった、若手スタイリスト/モデル/セレブインスタグラマー Ian Connor(イアン・コナー)23歳が、性的虐待の疑いで告訴され、現在調査中であるということが明らかになった。

Ian Connorへの告訴は、シカゴのヒップホップ/R&B シンガーJean Deauxを含む複数人の女性たちによるもで、Ianから性的行為を無理強いされたとそれぞれ訴えている。中でも、Malika Andersonという23歳女学生は、個人のブログ『Malikaspeaks ~Thoughts via a Magical Black Woman~』にて、「2014年10月5日にイアンに性的暴行を加えられた」など詳しく彼女が受けた被害について証言を書き記している。そして、その証言の助けもあって、本事件はジョージア州管轄下のDekalb Counrty警察署にて2015年12月16日付に告訴が提出され、正式な調査段階に入っている。

Andersonの投稿に続いて、Isaiah Rashad、Donnie Trumpet、Mick Jenkinsらと共作経験があるシンガーJean Deauxも同様の被害に遭ったと「For Malika
というタイトルで自身のオフィシャルサイトに掲載している。

Ian Connorは、被害者の女性陣の証言、そしてメディアからの問いただしに対して公式にはノーコメントを貫いているが、自身のツイッターにて自らの気持ちを立て続けに公開ツイートしている。

偽被害者が自己満足のためにうその主張をして、俺を有名誌のカバーデビューさせたのは決して偶然なんかじゃないね

 

"The Truth Will Never Matter If The Lie Is More Entertaining" It Seems.

— Ian Connor (@souljaian) April 13, 2016

嘘の供述の方がエンターテイメント性があるから、まるで真実なんかどうでもいいみたいだな

 

その人がきらいってだけで、そいつが悪いと信じ込もうとするなんて最悪だね。この世はまじで終わってるよ

 

みんな俺をきらう理由を探してるんだ

 

俺は絶対負けないって全世界に誓うよ

火に油を注ぐようだけど… おまえらの嫌悪なんかで俺の稼ぎや世界への影響力は止められないよ

4月9日午前7時から約2時間ほどに渡って投稿されたこれらのツイートは果たして真実なのだろうか。

最後にIan Connorはこう述べている

本当は今回の事件に関してツイートしちゃいけなかったんだけど、間違った見解による法律や政治なんてクソくらえだ

RELATED

Kanye WestとKim Kardashian夫妻がA$AP Rocky解放のためホワイトハウスに援助を求める

スウェーデンで一般人と乱闘騒ぎを起こし、それ以来数週間に及ぶ拘留を受けているA$AP Rocky。非常に劣悪な環境に置かれているとの報道もある中で米国国務省がスウェーデン政府に抗議を表明したことが先日明らかになったが、今回Kany WestとKim KardashianがホワイトハウスにA$AP Rockyのサポートを要求したことが明らかになった。

Ian Connorが銃の違法所持によって一年間服役する可能性

A$AP Rockyらと共に「AWGE」のメンバーとして活動し、Kanye Westの「ファッションミューズ」であったことでも知られたデザイナー/スタイリストのIan Connor。過去にもA$AP Bariとの乱闘騒ぎや性的暴行疑惑など問題行動を多く起こしてきた彼が、1年間の服役刑に処される危機に...

Chaka Khanが自身の楽曲をサンプリングしたKanye Westの“Through The Wire”を「馬鹿みたいだと思っていた」と明かす

Kanye Westの歴史的な名作となった1stアルバム『The Collage Dropout』。その中でもかなりのヒットを記録したシングル“Through The Wire”にはChaka Khanの名曲“Through The Fire”がサンプリングされているが、Chaka Khanが同曲を...

MOST POPULAR

NYのSupremeファンを恐怖に陥れるThe Apeとは?!

NYではSupremeはご用心

NYのスケーターの間でSupreme離れが進んでるとの報道。ルイ・ヴィトンとのコラボが影響か

Supremeとルイ・ヴィトンとのコラボの影響はポジティブな面でも、ネガティブなでも、その影響は大きそうだ。ポジティブな面で言うとこのストリートファッションシーンの巨人が、前人未到の地位にいることを再確認させてくれた。コラボ直後にはルイ・ヴィトンを手がける世界最大のファッション企業体LVMHグループがSupremeを買収するという噂話も、まことしやかに流された。

Thrasherの編集長がスケーターアイテムを着るセレブを批判

Thrasherは1981年に創刊されたスケート雑誌の象徴といえる存在だ。現在ファッション業界でThrasherのロゴが入ったTシャツやパーカーなどのアイテムが、トレンドになっている。