JAY-ZがKanye Westに22億円を渡していたという報道

リリースされたばかりのJAY-Zの新作『4:44』での、Kanye Westに対するディスをきっかけに表面化した、両者の対立。

現在はKanyeがJAY-Zの運営するTidalを報酬の未払いを理由に、離脱する方向へという展開になっているが、その話を覆す新たな説が持ち上がった。

報酬の未払いを主張するKanyeに対し、今回持ち上がったのはJAY-Zが2千万ドル(約22億円)を支払っていたというものだ。これはアルバムの制作費や、スタッフの人件費や、あの浮くステージなどの費用にあてられたと、TMZが関係筋からの情報として伝えている

JAY-Zは新作『4:44』に収録されている"Kill Jay Z"で、Kanyeとみられる相手に20億円をプレゼントしたというバースを書いているが、これは実際はビジネス上の契約で渡されたものということらしい。

Kanyeが未払いを主張している3百万ドル(約3億3千万円)は、この2千万ドルとは別のボーナスであるということだ。

JAY-ZのレーベルRoc Nationはレーベルがアーティストに前払いをすることはないと、この報道を否定している。

泥沼化しつつある2人の対立はどのように展開していくのだろうか?

 

related

Kanye WestがTravis Scottをフィーチャーした新曲“Wash Us In The Blood”をリリース|BLMと連動したMVも公開

先日Dr. Dre、Snoop Doggとレコーディングを行っていたことが報じられ、新作『God’s Country』のリリースを予告していたKanye West。そんな彼が、Travis Scottをフィーチャーした新曲“Wash Us in the Blood”をリリースした。

Snoop DoggがKanye West、Dr. Dreとのレコーディングの模様を公開

先日はGAPとのコレボレーションを発表するなど、精力的な活動を再開しつつあるKanye West。そんな彼がDr. Dre、そしてSnoop Doggとのレコーディングを行っていたことが明らかになった。

GapがKanye Westとパートナーシップを締結 | コラボコレクション『YEEZY Gap』をスタート

GapがKanye Westとのパートナーシップを締結し、2021年からコラボコレクション『YEEZY Gap』がスタートする。

most popular

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。