失敗した発明品ばかりを集めたスウェーデンの博物館

Twitterなどを見ていると、日々新しいアプリの開発情報が流れていくが、しっかりと定着して使用されるのはごく僅かだろう。

しかも目にするのは成功した物ばかりで、私たちは普段世の中から消えてしまったものに見向きもしない。そんな普段は忘れてしまっている、失敗した製品だけを展示する博物館がスウェーデンにある。

その名も 『Museum of Failures」(失敗博物館)はヘルシンボリにあり、43歳の心理学者Samuel Westがキュレーションした51の失敗した発明品ばかりを展示している。

Westはこの博物館をオープンした動機として、「私たちは80~90%の革新的なプロジェクトが、失敗に終わり日の目を見ないことを知っている。もし彼らの失敗から、何かできることがあるとすれば、それは失敗から学ぶことだ」と説明している。

上の動画には博物館に展示されている失敗品の例が挙げられている。例えば48時間限定でしか情報を書き込めないDVD『DivX』や透明のコーラとしてペプシがリリースした「Crystal Pepsi」なども紹介。

Westは「私たちの社会は失敗を過小評価している、私たちは成功にとらわれすぎている」と語る。博物館にはAppleのNewtonも展示されている。高額であるにもかかわらず、機能が良くないことで失敗したNewtonだが、これがiPhoneやiPadの原型になっているのだ。

失敗したプロダクトを眺めてみると、意外な新しいアイディアが生まれるかも。

 

related

元ホームレスが生産する、ホームレスのための寝袋に早変わりするコート

米自動車産業の凋落とともに下り坂にあり、2013年には米連邦破産裁判所によって財政破綻の宣告を受けたデトロイト市。 デトロイトのホームレスの問題は世代間問題となっている。貧困は親から子へと再生産されるからだ。その問題を恒久的に解決しようと非営利団体のThe Empowerment Planは生...

富士フィルムが80周年記念モデル『Fujifilm X-T1』を発表!基本的性能が大幅にアップ!

Fujifilmが2400万画素のセンサーを搭載したミラーレス一眼カメラ「X-T2」を正式に発表した。2016年9月に発売予定。X-T2は従来より高速なレスポンス、高精度なオートフォーカス機能など性能をアップさせることに成功した。 進化した基礎性能!特にレスポンス面で大幅なスペックアップ 起...

Appleの最新MacBookは80年代レトロデザイン?MacBookのカスタムサービスが話題に

最新だけどレトロな見た目のMacが登場

most popular

ヘイトスピーチや嫌がらせを発見した時にするべき4つのこと

公共の場で嫌がらせを受けている人を見つけた時はこのように行動しようというイラスト付きのリストを投稿され、多くの人にシェアされている。

テキサスで男性が鋼鉄のフェンスとセックスし逮捕

18日、米テキサス州の32歳の男が鋼鉄のフェンスと性行為を行い、告訴された。法廷に現れず、現在逃亡中とのこと。

ヴェネチアのビエンナーレに出展された「世界東京化計画」とは?世界の有名都市が東京に変化する映像作品

6つの都市が「東京のようなアーバンランドスケープになってしまったら?」というテーマ制作された「世界東京化計画」というビデオ作品はヴェネチア・アーキテクチャー・ビエンナーレで展示されている。