富士フィルムが80周年記念モデル『Fujifilm X-T1』を発表!基本的性能が大幅にアップ!

Fujifilmが2400万画素のセンサーを搭載したミラーレス一眼カメラ「X-T2」を正式に発表した。2016年9月に発売予定。X-T2は従来より高速なレスポンス、高精度なオートフォーカス機能など性能をアップさせることに成功した。

進化した基礎性能!特にレスポンス面で大幅なスペックアップ

起動時間はわずか0.3秒。シャッターボタンを押してシャッターを切るまでの時間を0.045秒に短縮。さらに撮影間隔0.17秒など基本レスポンスを極限まで短縮。

また「Xシリーズ」初となる4K動画の撮影にも対応。4Kの画質と、静止画撮影で好評のフィルムシミュレーションを組み合わせることで、多彩な色調の高品質な映像の撮影が可能になった。

旧モデルの「X-T1」の1.5倍の画素数にも関わらず、さらなるノイズ低減に成功。

高速演算処理とアルゴリズムの改善により、精度の高い予測AFが可能になり、AF測距点を、従来モデルの49点から91点まで大幅に拡大。素早く正確なピント合わせが可能になったので、動く被写体にも対応できる。

236万ドットの高精細有機EL EVFの表示タイムラグは0.005秒、ファインダー倍率0.77倍を実現。最大画面輝度は、従来モデル比約2倍に向上。見やすくなったファインダーは画像を撮影する前の設定の確認はもちろんのこと、撮影の楽しみも増してくれるだろう。

63点のシーリングによりホコリや水滴に強い防塵・防滴構造、-10℃の耐低温性能を備え、さらに背面液晶は3方向チルト方式を採用しているため、過酷な状況でも撮影が可能だ。

フォトグラファーには嬉しいSDカードを2枚挿入できる「デュアルカードスロット」を採用しているため、メモリがいっぱいになった時も安心だ。

価格はレンズなしのボディのみで、16万5000円(税込)をと予想されている。

FUJIFILM X-T2

RELATED

DESCENDANTがプロデュースする出版レーベル「sign」の第1弾として平野太呂の最新刊『I HAVEN'T SEEN HIM』を刊行

FPARやWTAPSのディレクターを務める西山徹と妻の西山美希子によって2015年にスタートしたDESCENDANTが、新たに出版レーベル「sign」をスタートさせ、第1弾として写真家・平野太呂の最新刊『I HAVEN'T SEEN HIM』を刊行する。

twelvebooksとflotsam booksによる写真集のPOP UP SHOP『Offline PhotoBook Shop』が京都で開催

海外の写真集などの国内ディストリビューションやコーディネートを手がけるtwelvebooksと、オンラインのみに存在するブックショップflotsam booksによるオフラインのPOP UP SHOP『Offline PhotoBook Shop』が、5/1(水)から京都の恵文社一乗寺店 COTTAGEで開催される。

Goro KosakaによるNYをテーマにした写真展が下北沢のFALSECRACKTOKYOで開催

これまでに数多くのヒップホップアーティストの写真や、自身の個展も開催してきた写真家のGoro Kosakaによる個展が東京・下北沢のFALSECRACKTOKYOで4/12(金)から1週間限定で開催される。

MOST POPULAR

ヘイトスピーチや嫌がらせを発見した時にするべき4つのこと

公共の場で嫌がらせを受けている人を見つけた時はこのように行動しようというイラスト付きのリストを投稿され、多くの人にシェアされている。

テキサスで男性が鋼鉄のフェンスとセックスし逮捕

18日、米テキサス州の32歳の男が鋼鉄のフェンスと性行為を行い、告訴された。法廷に現れず、現在逃亡中とのこと。

ヴェネチアのビエンナーレに出展された「世界東京化計画」とは?世界の有名都市が東京に変化する映像作品

6つの都市が「東京のようなアーバンランドスケープになってしまったら?」というテーマ制作された「世界東京化計画」というビデオ作品はヴェネチア・アーキテクチャー・ビエンナーレで展示されている。