Jay-Zがハイフンを復活させJAY-Zへと名義変更

Jay-Zが新プロジェクト『4.44』の発表と共に、自身のステージネームを『Jay Z』から『JAY-Z』へと変更することを公式に発表した。

Jay-Zは2013年に一度『Jay-Z』から『Jay Z』へと名義を変更している。この時はアルバム『Magna Carter Holy Grail』リリースと同時期であった。当時本人は「ハイフン『-』は不必要だと感じた」と発言。

しかし今回4年ぶりにまたハイフンを間に入れるとのこと。さらに全文字を大文字のアルファベットに変更。

2013年にJay-Zが名前からハイフンを公式に取った際はiTunesなどでも全てハイフン無しの名義へと変わり、メディアにもハイフンを付けないように注意させていた。今回またハイフンが戻り大文字へと変更になるということで、オフィシャルのFacebookアカウントやWikipediaではすでに大文字ハイフンありの『JAY-Z』表記になっている。

Jay-Zは昨日『4.44』に関する30秒のクリップを公開。そしてその1日前には妻のビヨンセが双子を出産したことも発表している。(小林一真)

<blockquote class="twitter-video" data-lang="ja"><p lang="und" dir="ltr">.<a href="https://twitter.com/S_C_">@S_C_</a> ‘4:44’ <a href="https://t.co/mM3hBjHr84">https://t.co/mM3hBjHr84</a> <a href="https://twitter.com/hashtag/TIDALXSprint?src=hash">#TIDALXSprint</a> <a href="https://t.co/dZIddQsz5t">pic.twitter.com/dZIddQsz5t</a></p>&mdash; TIDAL (@TIDALHiFi) <a href="https://twitter.com/TIDALHiFi/status/876613291233169409">2017年6月19日</a></blockquote> <script async src="//platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script>

RELATED

Jay-Zのアルバム『The Blueprint』が今年の永久保存音楽作品の1つとして選ばれアメリカ議会図書館に所蔵される見込み

Jay-Zが2001年にリリースしたアルバム『The Blueprint』といえば、言わずと知れたクラシックとして、現在も多くのヒップホップヘッズに聞かれ続けている名盤の1つだ。そんな中、現地時間の今週水曜日、アメリカ議会図書館が文化的、歴史的に重要だとして毎年発表する25個の永久保存音楽作品の内の1つにその『The Blueprint』が選ばれた。

Jay-ZとRoc Nationが21 Savageをサポートするため弁護士を雇う

先日、アメリカに不法滞在していたという容疑で移民税関局によって逮捕されてしまった21 Savage。国外退去の可能性もあり危機に瀕している彼をサポートしようと、多くのアーティストやファンが「#Free21Savage」を叫んでいる。そんな中、Jay-Zと彼のレーベルRoc Nationが21 Savageと移民税関局との裁判をサポートするために動いていることが明らかとなった。

Kanye WestがRoc-A-Fella RecordsとEMIに対して訴訟を起こしたことが明らかに

現在はG.O.O.D. Musicのオーナーとして知られているKanye Westが、以前在籍いていたレーベルRoc-A-Fella RecordsとEMI April Musicに対して訴訟を起こしていることが明らかになった。

MOST POPULAR

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。