Nasがトランプ大統領を痛烈に批判「おれたちはレイシストが執務室にいるのを知っている」

Nasが自身も運営に携わっているメディアMass Apealにトランプ大統領を痛烈に批判する文章を発表した

Nasは「おれたちはレイシストが大統領執務室にいるのを知っている」とトランプ大統領のレイシスト的な発言などを批判。「コメディアンはレイシストに見えてもいい。人々もそのレイシスト時代を通り抜けてもいい。しかし大統領という職務にありながら、白人以外の人々に価値がないという強いメッセージを発している」

さらにNasは「自分の作品を通して、それらの問題に取り組んでいく」と話し「トランプが人々に影響を与えたことが、自分にも影響を与えている。おれは何が起こるのかを観察して、起こったことを自分の創作プロセスに組み入れていくよ」とトランプ大統領の時代に作れるかはわからないが、今後の作品にレイシズムの問題を取り込んでいくと明言した。

 

related

トランプ大統領の弾劾公聴会でスウェーデンでのA$AP Rockyの逮捕が話題にのぼる

今年の夏、スウェーデンで乱闘騒ぎを起こしたことが原因で異例の拘留を受けていたA$AP Rocky。釈放のためにアメリカ政府が介入したことでも大きな注目を集めたその一件が、現在アメリカ議会で行われているトランプ大統領の弾劾公聴会にて話題にのぼったようだ。

トランプ大統領が自身を賛美するラッパーを募集するコンテスト #MAGAChallenge を開催

多くのラッパーやアーティストが反対の意を表明しているトランプ大統領。中にはKanye Westのように支持を表明しているアーティストも存在しているが、なんとそのようなラッパーをトランプ大統領自身が募りだした。

Nasがもう『Illmatic』を祝うことはやめると語る

Nasのデビューアルバム『Illmatic』といえば言わずと知れた名盤であり、リリースから25年経った今もなお、様々な形で同作を祝う催しが行われている。しかし、Nas本人からするともう『Illmatic』を祝われるのはこりごりのようだ。

most popular

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。