Snoop Doggが初めてDr. Dreから電話がかかった時「いたずら電話かと思ってすぐ切った」と振り返る

今でこそ名コンビともいえるSnoop DoggとDr. Dreだが、初めてDreがSnoopにコンタクトをした時は、当時の立場が違いすぎてSnoopはいたずらだと思ったようだ。

25年間交友関係にある2人だが、出会った時はDreはすでにN.W.A.で名を馳せていたのに対し、Snoopはまだソロデビューもしていなかった。そんな時にDreはSnoopに電話をかけたのだが、Dreから電話がかかってくるとは思わなかったSnoopはいたずら電話かと思ってすぐ切ってしまったというのだ。

Dreはそれに懲りずSnoopに再度電話をかけ、「月曜にスタジオにいろ」と伝えたという。この時Dreはソロデビュー作『The Chronic』の制作中で、Snoopはこの電話がきっかけで、作品に参加することになりスターの階段を駆け上がっていった。

もしDreが短気な人物でSnoopが切ってしまった電話にかけなおさなかったら、西海岸のヒップホップの歴史はガラッと変わってしまったのだろうか?

このエピソードはDreとJimmy Iovineによるドキュメンタリーシリーズ『The Defiant Ones』で放送される予定だ。

RELATED

Dr. Dreの幻のアルバム『Detox』は存在するとFlying Lotusが語る

Dr. Dreが長年取り組んできたと言われており、様々な没バージョンも存在する中、まだ未リリースのアルバム『Detox』。昨年の時点でまだ制作を継続しているという一報が流れ、ファンもまだ諦めがついていない同作についてFlying Lotusが興味深い証言を語っている。

Snoop Doggらが出演するマリファナのドキュメンタリー『グラス・イズ・グリーナー 大麻が見たアメリカ』がNetflixにて4月20日より配信

マリファナが欧米で徐々に認められてきた昨今。マリファナに向けられている偏見を払拭し正しい歴史を広めるべく制作され、ヒップホップシーン随一のマリファナ愛好家として知られるSnoop DoggやFab 5 Freddieが出演するドキュメンタリー『Grass Is Greener』がNetflixにて配信される。

Snoop Doggが出演映画のプレミア上映会に出席 | 楽屋がマリファナの匂いで充満し映画館が抗議

香水を付けた人とエレベーターで同乗し、その人が降りた後でもエレベーター内に香水が充満している、といった事は多くの人が経験した事があるかもしれない。しかし、マリファナの残り香が充満している、という状況を経験した事がある人はどのくらいいるだろうか?

MOST POPULAR

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。