Jay Zがナショナル・ジオグラフィックとタッグを組み大統領選挙後のアメリカの人種関係に迫るドキュメンタリー制作へ

ナショナル・ジオグラフィックとJay Zがタッグを組み全6話のドキュメンタリーシリーズを制作することが判明した。テーマは大統領選挙後のアメリカの人種関係。

アニメーションやアーカイブ動画、さまざまな個人のストーリーなどを織り交ぜ、アメリカの人種問題に迫る作品になるということだ。

本ドキュメンタリー作品はJay Zがプロデュースを務めるドキュメンタリーの3作目となる。

昨年は全6シリーズからなるドキュメンタリー作品の最初のトレイラーが公開された。このシリーズは独立系映画会社のThe Weinstein Companyとのコラボレーションのもと制作され、刑事司法や警察の蛮行などの問題を扱う。

当時16歳でリュックサックの窃盗容疑で逮捕され、証拠のないままニューヨークのライカーズ島に3年間拘留された後、釈放後自ら命を絶った少年、Kalief Browderの人生を追ったもの。

Jay Zはドキュメンタリーについて、「自らの人生で戦いつづけ、世界を良い方向に変えてきた人たちについて語ることができて嬉しい。」とコメントしている。

詳細が判明次第FNMNLでもレポートする。

RELATED

Chance The Rapperが「俺はJay-Zがプロデュースするハーフタイムショーには出ない」と発言

人種差別に抗議したコリン・キャパニック選手の処遇が批判を浴びたNFL。それに伴い昨年のスーパーボウルハーフタイムショーでは多くのアーティストが出演を拒否したことが報じられた。その打開策としてNFLはJay-ZとRoc-Nationにハーフタイムショーのプロデュースを任せたようだが、それでも出演に意欲を示さないアーティストはいるようだ。

Jay-ZのNFLチームへのオーナー就任を関係筋が否定

先日、NFLとパートナーシップ契約を結び、来年以降のスーパーボウルハーフタイムショーをプロデュースすることが報じられるとともに、NFLチームのオーナーに 就任するという噂も囁かれていたJay-Z。しかし、一転して彼がNFLチームのオーナーとなる可能性が否定されている。

Jay-ZがNFLチームのオーナーに就任する可能性が浮上

先日はNFLとパートナーシップ契約を結び、来年以降のスーパーボウルハーフタイムショーをプロデュースすることが報じられたJay-Z。そんな彼が、今度はNFLチームのオーナーに就任する可能性が浮上した。

MOST POPULAR

ヘイトスピーチや嫌がらせを発見した時にするべき4つのこと

公共の場で嫌がらせを受けている人を見つけた時はこのように行動しようというイラスト付きのリストを投稿され、多くの人にシェアされている。

テキサスで男性が鋼鉄のフェンスとセックスし逮捕

18日、米テキサス州の32歳の男が鋼鉄のフェンスと性行為を行い、告訴された。法廷に現れず、現在逃亡中とのこと。

ヴェネチアのビエンナーレに出展された「世界東京化計画」とは?世界の有名都市が東京に変化する映像作品

6つの都市が「東京のようなアーバンランドスケープになってしまったら?」というテーマ制作された「世界東京化計画」というビデオ作品はヴェネチア・アーキテクチャー・ビエンナーレで展示されている。