『LESS』パーティーレポート | Gonno、sauce81、MONKEY TIMERS、okadadaが作った一夜の記録

MONKEY TIMERSとokadadaをレジデントDJに、ロゴ、フライヤーなどのビジュアルをYOSHIROTTEN、VJ/Space DesignにはLife ForceからMixer、PAがNaoya Tokunouというラインナップのパーティー『LESS』の第2回目が3/17に代官山UNITで開催された。第2回目のゲストはGonnoにsauce81という組み合わせだった。

レジデントDJを務める2組の、このパーティーに対する考えはこちらの対談記事を読んでみてほしいが、『LESS』はDJのラインナップなどはフレッシュだが、それ以外はダンスミュージックのパーティーという形式をシンプルに追求するという、オーソドックスでありながら今の東京には、あまりなかったものだ。

この夜もパーティーという名に飢えた生粋のパーティーフリークから、恐る恐るフロアに足を踏み入れたような人まで、様々な空気感を持ったクラウドがそれぞれの一夜を過ごしていた。

そんな一夜の記録をSuzu Okadaが撮影した写真で紹介する。

LESS

LESS

LESS

LESS

LESS

LESS

LESS

LESS

LESS

LESS

LESS

LESS

LESS

 

LESS

LESS

LESS

LESS

LESS

FH020019

LESS

LESS

LESS

LESS

LESS

LESS

LESS

 

 

『LESS』

2017.03.17 (FRI) at UNIT

OPEN/START : 23:30

LINE UP :

LIVE :
sauce81

DJ :
Gonno
MONKEY TIMERS
okadada

VISUAL :
YOSHIROTTEN

VJ :
Mixer

PA :
Naoya Tokunou

次回の『LESS』は開催未定だが、必ずアナウンスがあるだろう。

related

『AVYSS GAZE」の第三回目がCVNやlil beamz、okadadaなどが出演して開催

存続の危機にさらされている音楽メディア・プラットフォームAVYSSへのドネーション企画としてスタートした独自のバーチャル配信プログラム『AVYSS GAZE」の第三回目が、7/5(日)に開催される。

Budweiserのアーティスト支援プロジェクト『RE:CONNECT』の第1弾で人気パーティー『LOST DECADE』のオンラインイベントを開催|DJ WILDPARTY、okadada、tofubeats、tomadが出演

Budweiserが新型コロナウイルス感染拡大の影響を受け、未曾有の危機に直面している音楽/ファッション/アートなどのカルチャーシーンを支援するプロジェクト『RE:CONNECT』をスタートし、第一弾の支援先として、人気パーティー『LOST DECADE』初となるオンライン配信イベント『LOST D...

【コラム】Altéについて、巡航する革新

2018年末、いつものようにFNMNLのプレイリストからチェックした曲を個別に調べていく中で、出会ったのがOdunsi (The Engine)『rare.』という折衷的で風変り、そして幻想的なアルバムで、その作品が私とAlté(オルテ)シーンとの邂逅だった。後に彼がリリースしたシングル『Better Days / Wetin Dey』は私を虜にし、彼は今月待望の新譜を出したばかりである。

most popular

【Interview】UKの鬼才The Bugが「俺の感情のピース」と語る新プロジェクト「Sirens」とは

The Bugとして知られるイギリス人アーティストKevin Martinは、これまで主にGod, Techno Animal, The Bug, King Midas Soundとして活動し、変化しながらも、他の誰にも真似できない自らの音楽を貫いてきた、UK及びヨーロッパの音楽界の重要人物である。彼が今回新プロジェクトのSirensという名のショーケースをスタートさせた。彼が「感情のピース」と表現するSirensはどういった音楽なのか、ロンドンでのライブの前日に話を聞いてみた。

【コラム】Childish Gambino - "This Is America" | アメリカからは逃げられない

Childish Gambinoの新曲"This is America"が、大きな話題になっている。『Atlanta』やこれまでもChildish Gambinoのミュージックビデオを多く手がけてきたヒロ・ムライが制作した、同曲のミュージックビデオは公開から3日ですでに3000万回再生を突破している。

Floating Pointsが選ぶ日本産のベストレコードと日本のベストレコード・ショップ

Floating Pointsは昨年11月にリリースした待望のデビュー・アルバム『Elaenia』を引っ提げたワールドツアーを敢行中だ。日本でも10/7の渋谷WWW Xと翌日の朝霧JAMで、評判の高いバンドでのライブセットを披露した。