Stormzyのアルバム『Gang Signs & Prayer』のカバーアートに込められた本当の意図

現在UKのグライムシーンの先頭に立っているStormzyが、先月末デビューアルバム『Gang Signs & Prayer』をリリースした。

同作はUK総合チャートでグライムMCの作品として史上初めてUKチャートの初登場1位を飾り、現在もEd Sheeran、Rag'n'Bone Manの最新アルバムに次いで3位と、好調をキープしている。

Stormzy

このアルバムのカバーアートにはStormzy本人を含む9人の人物、机や食器、ゲーム機などが写っているのだが、背景を含めて全てが黒色で統一されている。カラフルではないものの非常に印象に残るこのカバーアート、色や人数、背景こそ異なるものの、レオナルド・ダ・ヴィンチが15世紀末に描いた「最後の晩餐」にどこか雰囲気が似ているからであろう。

レオナルド・ダ・ヴィンチ

バーミンガム大学の教授で美術史家のキャロル教授は「Stormzyが自身をイエス・キリストになぞらえている」ということがこのジャケットから分かるとBBCの取材に対して述べている。

これはStormzy自身が、自分は神のような崇高な存在であるという意味ではなく、いつ今の自身の地位が脅かされてもおかしくないと考えているという意味である。
このことは、最後の晩餐で中央に位置するイエス・キリストの横には、イエスの弟子で後にイエスを裏切るユダが座っているが、このジャケットではStormzyの横には小さな子供が座っているのが象徴的だ。
つまりこのジャケットからはStormzyの「自身の現状に満足してはならない」という強い意志が感じられるのだ。

また実際Stormzyが2月21日にロンドンで行ったゲリラライブに参加したファンの多くは、ジャケットが最後の晩餐に似ていることを感じ、またファンの1人ユラエレマさんはジャケットについて、「人種やその人の持つ背景、出身地に関係なく、誰でも成功を収めることができるということを、彼は言っているのだと思う」とインタビューに答えている。(yacid)

related

COMME des GARÇONSとSWITCHによる新プロジェクト『People of the Year』がスタート | Stormzyや大坂なおみ、Patti Smith、山口一郎など選出者の作品を川久保玲がデザインしたアイテムが公開

COMME des GARÇONSとその年にめざましい活躍をした人物とコラボレーションを行うプロジェクト『People of the Year』。第一回目となる今年は創刊35周年を迎えた雑誌SWITCHがプロジェクトパートナーとして参加している。

Stormzyが今後10年間で約13億円を黒人支援の団体に寄付することを約束

今やUKを代表するアーティストの一人であるラッパーStormzy。これまで様々なチャリティ活動でも成果を上げてきた彼が、今回アメリカでのジョージ・フロイドさん殺害事件を契機とした「Black Lives Matter」運動を受けて、今後10年の間に黒人の地位向上のための団体に1000万ポンド(約13億円)の寄付を行うことを約束した。

StormzyがUKグライムやドリルを自身の楽曲に取り入れるDrakeを称賛する

今年3月に来日公演を開催するUKのトップラッパーStormzyがCharlamagne tha Godとのインタビューで、DrakeがUKグライムやドリルを自身の楽曲に取り入れている事を称賛した。

most popular

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。