【速報】トランプ大統領が新たな大統領令に署名。イラクを除外した6ヶ国に入国禁止令

本日(現地時間6日)、トランプ大統領は中東7カ国の出身者の入国を禁じ、難民受け入れをストップした大統領令に改正を加えて署名したと複数のニュースソースが報道をしている。

入国禁止令からイラクが削除されたが、イラン、リビア、ソマリア、スーダン、シリア、イエメンの出身者は修正された大統領令でも入国規制の対象となっている。

ホワイトハウスの高官はロイターに対してイラン、リビア、ソマリア、スーダン、シリア、イエメンの六カ国の市民に対して90日の入国を禁じるものになると話した。

イラクが対象国から外れた理由として、イスラム国(ISIS、ISIL)に対する戦闘の中でイラクが重要な役割を果たしているという背景から国防総省と国務省がプレッシャーを掛けたのではないかと考えられている。

アルジャジーラに対してイラクの政府スポークスマンは「ISILと闘うアメリカとイラク両国の未来に対してポジティブなメッセージを与える」と答えた。

またAP通信はこの新たな大統領令は現在有効な査証を持っている人には適用されないと報道している。

この署名に関してトランプ大統領はセレモニーを行わない。

さらに今回の大統領令でも、120日難民の受け入れをストップ。しかし国務省でスケジュールされている難民受け入れに関しては実行されるとのこと。2017年財務年度の難民受け入れも50000人に制限される。しかしシリアからの難民受け入れは他国の難民と同じように扱われ、120日の難民受け入れ停止となる。

新しい大統領令は16日から効力を持つ。

related

トランプ支持者が連邦議会議事堂に侵入したことについてCardi Bが「皮肉が効いてる」とリアクション

アメリカでは今日、バイデン次期大統領の当選を承認する手続きを行なっていた連邦議会議事堂に多くのトランプ支持者が乱入するという前代未聞の騒動が起こった。トランプ支持者たちは警備を破って建物内に侵入、議事堂内では一人が銃撃を受け死亡するという事態にも発展。現在は暴徒たちが排除され審議が再開されたと報じられているが、この一件について、以前よりドナルド・トランプを一貫して批判してきたCardi Bがリアクションしている。

オバマ元大統領「ラップミュージックのビデオの中の成功はトランプ大統領と同じ」と語る

先日の大統領選挙では晴れてジョー・バイデン候補が勝利し、トランプ政権に終止符が打たれることが決まった。そんな中、バイデンが副大統領であった際に大統領であったバラク・オバマがインタビューの中で、ドナルド・トランプという存在について持論を語っている。

バイデン候補の次期大統領当確の報道にアーティストたちの様々なリアクション

トランプ大統領のクレームなどにより、バイデン候補の有利で進んでいたにも関わらず、中々当選確実の一報が出なかったアメリカ大統領選挙。本日未明にアメリカの報道各社が一斉にバイデン候補の当確のニュースを出した。

most popular

ヘイトスピーチや嫌がらせを発見した時にするべき4つのこと

公共の場で嫌がらせを受けている人を見つけた時はこのように行動しようというイラスト付きのリストを投稿され、多くの人にシェアされている。

テキサスで男性が鋼鉄のフェンスとセックスし逮捕

18日、米テキサス州の32歳の男が鋼鉄のフェンスと性行為を行い、告訴された。法廷に現れず、現在逃亡中とのこと。

ヴェネチアのビエンナーレに出展された「世界東京化計画」とは?世界の有名都市が東京に変化する映像作品

6つの都市が「東京のようなアーバンランドスケープになってしまったら?」というテーマ制作された「世界東京化計画」というビデオ作品はヴェネチア・アーキテクチャー・ビエンナーレで展示されている。