ドイツ在住71歳のストリートファッション好きのおじいちゃん

ストリートファッションのムーブメントの中心にいるのは、常に若年層だ。Supremeが再び全盛期を迎えているのも、ユースにしっかりと支持を受けているからだ。

しかしストリートファッションを支持しているのは彼らだけではない。ユース層の孫を持つ、おじいちゃんもストリートファッションを愛好しているのだ。

ドイツの都市マインツに住む、現在71歳のAlojz Abramさんの着こなしに注目が集まっている。

今年1月、孫のJannik DiefenbachさんがInstagramにAbramさんがSupremeのキャップをかぶり、Thrasherのフーディーを着た写真をアップしたところ、いまのムードをしっかりと反映した着こなしに大きな反響があった。

 


すでに仕事も退職している71歳のAbramさんがComplexのインタビューに登場、ストリートファッションとの出会いやその魅力について語っている。

Abramさんが初めてストリートファッションに興味を持ったのは1年前、写真を撮った孫のDiefenbachの服をみたときだったという。FacebookをやっているAbramは、そこでも孫の好きな服に興味を持つようになり、自らネットで検索をしだしたという。

 

Gramps is killing it again ?

Jannikさん(@jaadiee)がシェアした投稿 -

ストリートファッションに興味を持つ前も常に自分のファッションには気を使ってきたAbramさんが現在最もほしいアイテムはSupremeのフーディーで、「このインタビューをみたSupremeが送ってくれるだろう」とジョークを飛ばす。

Waiting for the summer ??

Jannikさん(@jaadiee)がシェアした投稿 -

大都市フランクフルトの近くに住んでいるとはいえ、マインツではストリートファッションは流行っておらず、ましてやAbramさんの年代には着ている人はいるはずもないが、全く気にしていない。「私の服はポップだから気に入ってるよ、人がすぐ気付いてくれる」と話すAbramは、孫のDiefenbachとSupremeやStussyといったブランドのルーツや、その服にこめられた意味について話すのが好きとも話している。

Gramps had to spice things up since wearing a scarf on your head is the new streetwear trend...apparently ??

Jannikさん(@jaadiee)がシェアした投稿 -

Abramさんはストリートファッションの気に入っているところは、軽さなどの機能性だと主張し、ブランドであるかどうかは関係ないという。「快適じゃなきゃいけない、それがSupremeのものだとしたらボーナスみたいなもんだね」と安易なブランド信仰には釘をさす。

お気に入りのアイテムはAdidasのトラックジャケットだと話すAbramさんは最後に一言「ずっと若くいろ」とメッセージを残している。

Abramさんのコーディネートは孫のDiefenbachさんのInstagramでチェックできる。

related

Tyler, The CreatorがInstagramの新しいレイアウトを「このアップデートは馬鹿げている」と批判

我々の生活にとって欠かせないものであるSNSは、しばしばアップデートによってUIやレイアウトを大きく変化させることがある。先日Instagramがアップデートされ様々な機能の配置が入れ替わり賛否両論を呼んだが、Tyler, The Creatorは今回のアップデートを気に入っていないようだ。

BirkenstockのCEOがSupremeとのコラボを断った理由を明かす

ストリートウェアブランドのトップを走るSupremeは、これまでVansやNikeの様なスニーカー小売業者からLouis VuittonやJean Paul Gaulthierといった高級ブランドまで数多くの有名ブランドとコラボしている。そんな中、昨年8月にシューズブランドであるBirkenstockがSupremeとのコラボの辞退を発表したことが話題となったが、今回、BirkenstockのCEOがその一件の詳細な理由について語った。

Supreme初の女性スケーターBeatrice DomondのインタビューがSSENSEに掲載

日本でも公開されていた映画『スケートキッチン』などで女性スケーターに注目が集まる中、Supremeに初の女性スケーターとして契約したBeatrice DomondのインタビューがSSENSEに掲載されている。

most popular

NYのSupremeファンを恐怖に陥れるThe Apeとは?!

NYではSupremeはご用心

NYのスケーターの間でSupreme離れが進んでるとの報道。ルイ・ヴィトンとのコラボが影響か

Supremeとルイ・ヴィトンとのコラボの影響はポジティブな面でも、ネガティブなでも、その影響は大きそうだ。ポジティブな面で言うとこのストリートファッションシーンの巨人が、前人未到の地位にいることを再確認させてくれた。コラボ直後にはルイ・ヴィトンを手がける世界最大のファッション企業体LVMHグループがSupremeを買収するという噂話も、まことしやかに流された。

Thrasherの編集長がスケーターアイテムを着るセレブを批判

Thrasherは1981年に創刊されたスケート雑誌の象徴といえる存在だ。現在ファッション業界でThrasherのロゴが入ったTシャツやパーカーなどのアイテムが、トレンドになっている。