FNMNL × LINE MUSIC スペシャルプレイリスト Vol.2 Selected by Shintaro

FNMNLと音楽配信サービスLINE MUSICでプレイリスト企画がスタート。FNMNLがチョイスしたアーティストやDJなどのキュレーターがLINE MUSICのアーカイブの中から、テーマ別で選曲を行う。

こちらはDJ/プロデューサーで12月にDiplo率いるMad Decentから"Sak Noel & Salvi - Trumpets feat. Sean Paul (Shintaro & Uki Remix)"をリリースするなど、ワールドワイドな規模感で活躍するShintaroがチョイスする、クラブでかけたい曲。

Shintaro's Choice

Shintaro

1. THEY. - U-RITE

Caroline

2. Amine - Caroline

MadeinTYO

3. MadeInTyo - Skateboard P

The Weeknd

4. The Weeknd - Reminder

Post Malone

5. Post Malone - Congratulations ft Quavo

Travis

6. Travis Scott - biebs in the trap ft. NAV

A$AP Mob

7.  A$AP MOB - Crazy Brazy ft A$AP Rocky, A$AP Twelvyy, &Key

Migos

8. Migos ft. Lil Uzi Vert - Bad & Boujee

Travis

9. Travis Scott - goosebumps

Nao

10. NAO - Bad Blood

Shintaroが選ぶクラブでプレイしたい曲リスト、11曲目以降と視聴はLine Musicにて公開中。

プロフィール

Shintaro

Shintaro

DJ/プロデューサー。2013年Red Bull Thre3Style世界チャンピオン。2015年12月、TREKKIE TRAXから"Chopper EP"をリリース。”Rihanna - BBHMM(Shintaro & YGSP Remix)"は現在Youtube350万回再生を超えるほか、RL Grime『Halloween Mix V』に"Snappy Jit - Rocking It(Shintaro Remix)"が収録された。2016年12月、”Sak Noel & Salvi - Trumpets feat. Sean Paul (Shintaro & Uki Remix)”をMad Decentからリリース。

RELATED

adidas Originals『YUNG-96 CHASM』で90年代と今の空気を一緒に履きこなす

adidas Originalsから昨年12月に登場した『YUNG-96 CHASM』。YUNG-96コレクションとして1990年代の大胆不敵なルックをまとって登場した『YUNG-96 CHASM』は、アーカイブに並ぶランニングシューズからインスピレーションを受け、トルションバーやひときわ印象的なミッドソール、昔懐かしいチャンキーなフォルムを採用している。

『EDC JAPAN 2019』でVERDYがプロデュースする移動式ステージが登場 | 国内外のゲストの飛び入りも?!

5/11(土)と5/12(日)に千葉・幕張で開催されるダンスミュージックフェスティバル『EDC JAPAN 2019』。Major LazerやSkrillexなどを中心にしつつ今年はFutureやAwich、kZmからPeggy Gou、Marcel Dettmannなど多彩なアーティストが出演するビッグフェスと、「Girls Don‘t Cry」や「WASTED YOUTH」などのプロジェクトで世界的に注目を集めるVERDYとのコラボレーションが決定した。

「NINJA PROJECT」から、極東最端のパフォーマンス集団「B.W.T.」と「D.B.D.」の2組がLeon Fanourakis & Awich、NOTHING TO DECLAREのMasを迎え始動

昨年、日本忍者協議会とエイベックスによる「NINJA PROJECT」が発表された。東京・味の素スタジアムで行われた『a-nation 2018』には、全身を赤もしくは黒で覆った謎の集団が登場し、重力を無視した回転技を次々に披露、オーディエンスを沸かせた。

MOST POPULAR

【Interview】UKの鬼才The Bugが「俺の感情のピース」と語る新プロジェクト「Sirens」とは

The Bugとして知られるイギリス人アーティストKevin Martinは、これまで主にGod, Techno Animal, The Bug, King Midas Soundとして活動し、変化しながらも、他の誰にも真似できない自らの音楽を貫いてきた、UK及びヨーロッパの音楽界の重要人物である。彼が今回新プロジェクトのSirensという名のショーケースをスタートさせた。彼が「感情のピース」と表現するSirensはどういった音楽なのか、ロンドンでのライブの前日に話を聞いてみた。

【コラム】Childish Gambino - "This Is America" | アメリカからは逃げられない

Childish Gambinoの新曲"This is America"が、大きな話題になっている。『Atlanta』やこれまでもChildish Gambinoのミュージックビデオを多く手がけてきたヒロ・ムライが制作した、同曲のミュージックビデオは公開から3日ですでに3000万回再生を突破している。

Floating Pointsが選ぶ日本産のベストレコードと日本のベストレコード・ショップ

Floating Pointsは昨年11月にリリースした待望のデビュー・アルバム『Elaenia』を引っ提げたワールドツアーを敢行中だ。日本でも10/7の渋谷WWW Xと翌日の朝霧JAMで、評判の高いバンドでのライブセットを披露した。