Marvel x HIPHOPのアートワークの世界

昨年Playboy誌で、Marvelのコミックがヒップホップのジャケットと融合したらどうなる?という妄想作品がフィーチャーされたが、2017年もその妄想は止まらずサイトComic Book Resources(CBR.com)が2PAC、RZA、Rae Sremmurd、Frank OceanたちをフィーチャーしたMarvel × HIPHOPなアートワークを紹介した。

今回のコレクションで驚くべきは、コミック界のレジェンド・イラストレーターBill SienkiewiczはそもそもRZAの『Bobby Digital In Stereo』のアートワークを担当していたのだが、それを自分の手でNick Furyバージョンに改題してしまった。

Nick Fury Bobby Digital
“Nick Fury” #1 by Bill Sienkiewicz based on RZA’s “Bobby Digital in Stereo” (1998)

その他の作品もMarvelファン、ヒップホップファンの心をくすぐる作品となっている。

Spidey 2Pac
“Peter Parker: The Spectacular Spider-Man” #1 by Sam Spratt (@samspratt) based on 2Pac’s “All Eyez on Me” (1996)
X Men Blue Masters of Ceremony
“X-Men Blue” #1 by Ramon Villalobos and Tamra Bonvillain based on Masters of Ceremony’s “Dynamite” (1988)
Royals Frank
“Royals” #1 by Keron Grant based on Frank Ocean’s “Blond” (2016)
Generation X Rae Sremmurd
“Generation X” #1 by Kevin Wada based on Rae Sremmurd’s “SremmLIfe 2” (2016)

 

Luke Cage Meth
“Luke Cage” #1 by Tim Bradstreet based on Method Man’s “Tical 2000” (1998)

related

MARVELのキャプテン・アメリカをデザインしたポマードが登場

国産メンズ整髪料ブランドBROSHと、メンズコスメ・グルーミング専門の通販サイトDRESSKINとの別注第2弾として、MARVELのスーパーヒーロー「キャプテン・アメリカ」をデザインしたスペシャルパッケージのポマードが発売となった。

マーベル・エンタテイメントと円谷プロダクションがウルトラマンのコミックスを出版

現在開催中の『東京コミコン 2019』でマーベル・エンタテイメントと円谷プロダクションがウルトラマンのコミックスを出版すると発表した。

G Herboが『アベンジャーズ / エンドゲーム』を「観てないけどオタクのための映画だろ」とディス

現在全世界で大ヒット中の『アベンジャーズ / エンドゲーム』。Marvelの「アベンジャーズ」シリーズのクライマックスとなるこの作品はヒップホップシーンでも大きな話題を呼んでいるが、そのことを気に入らない者もいるようだ。

most popular

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。