狂気の韓国産サイコスリラー『哭声/コクソン』

韓国で昨年、500万人を動員し大ヒットとなったホラー映画が『哭声/コクソン』だ。

『哭声/コクソン』のストーリーは平和な田舎の村に、得体の知れないよそ者がやって来る。男について謎めいた噂が広がるにつれ、村人が自身の家族を残虐に殺害する事件が多発していく。そしてその殺人犯には共通する特徴があったというもの。

 

不気味なよそ者を演じたのは日本の俳優、國村隼だ。出演の経緯は、監督が俳優を探していたところ、國村準の写真を目にしそのままオファーを出したそうだ。國村はこの出演をきっかけに韓国2大映画賞の1つ、青龍賞で外国人初となる助演男優賞と人気スター賞をダブル受賞した。その他監督賞などの3部門も受賞し5冠という快挙を成し遂げた。

その他に、第69回カンヌ国際映画祭に正式出品され、海外レビューサイトのRotten Tomatoesで2016年ベスト映画の第10位に選出、「パシフィック・リム」などで知られるギレルモ・デル・トロ監督も絶賛ツイートをするなど、世界的に注目を集めている作品である。

この作品を指揮した監督は、『チェイサー』、『哀しき獣』で名を知らしめたナ・ホンジン。収束したと思われた物語が思わぬ方向に二転三転以上の転がり方を見せ、予期せぬ展開を繰り広げていくという、パワフルな作風が彼の持ち味だ。今回の『哭声/コクソン』でも、どのようなストーリー展開をしていくのか注目したい。

映画『哭声/コクソン』は3/11にシネマート新宿などで公開される。

コクソン

http://kokuson.com

related

21 Savageがサントラのプロデュースを手がけた『スパイラル:ソウ オールリセット』| 「子供の頃から『ソウ』シリーズを見て育ってきた」と明かす

スリラー映画『ソウ』シリーズの最新作『スパイラル:ソウ オールリセット』が、9/10(金)に全国公開される。今作は過去8作をアップデート&リセットした作品となっていて、「ソウフリーク」として知られるクリス・ロック、さらにはサミュエル・L・ジャクソンも出演している。

富田克也監督の『サウダーヂ』が公開10周年を記念してデジタルリマスター版が劇場公開決定 | 田我流も出演

富田克也が監督、制作を富田や相澤虎之助など映像制作集団「空族」が行なった映画『サウダーヂ』の公開10周年を記念して、10/23(土)からデジタルリマスター版を新宿・K’s cinemaで劇場公開する。

ハーモニー・コリンの衝撃作『トラッシュ・ハンパーズ』が京都みなみ会館にて特別上映

ハーモニー・コリンのキャリア史上最大問題作と言われる『トラッ シュ・ハンパーズ』(2009)の特別上映が、京都みなみ会館にて7月17日(土)に行われる。

most popular

ヘイトスピーチや嫌がらせを発見した時にするべき4つのこと

公共の場で嫌がらせを受けている人を見つけた時はこのように行動しようというイラスト付きのリストを投稿され、多くの人にシェアされている。

テキサスで男性が鋼鉄のフェンスとセックスし逮捕

18日、米テキサス州の32歳の男が鋼鉄のフェンスと性行為を行い、告訴された。法廷に現れず、現在逃亡中とのこと。

ヴェネチアのビエンナーレに出展された「世界東京化計画」とは?世界の有名都市が東京に変化する映像作品

6つの都市が「東京のようなアーバンランドスケープになってしまったら?」というテーマ制作された「世界東京化計画」というビデオ作品はヴェネチア・アーキテクチャー・ビエンナーレで展示されている。