最もサンプリングされた曲の一つ「Funky Drummer」のドラマーClyde Stubblefieldが逝去

James Brownの"Funky Drummer"のドラマーClyde Stubblefieldが腎不全で73歳で亡くなった。"Funky Drummer"はヒップホッププロデューサーに最もサンプリングされた曲の一つだ。

James BrownのバンドメンバーであるドラマーClyde Stubblefieldが叩いた"Funky Drummer"のドラムは、ヒップホップクラシックと呼ばれる数々の名曲でサンプリングされた。

Run-DMC "Run’s House"

N.W.A. "Fuck Tha Police"

Public Enemy "Fight the Power"

またヒップホップだけではなく A Guy Called Geraldも"Funky Drummer"のブレイクビートサンプリングしている。

QuestloveもInstagramで哀悼の意を表明している。またPrinceも生前はこのドラマーのファンであり、彼の医療費のために8万ドルを工面したことも報道されていた。

related

Summer Sonicの20年に渡る歴史で生まれたハイライト映像を公開 | The 1975、Cornelius、Calvin Harris、Daft Punk、電気グルーヴ、James Brown、星野源などが登場

Summer Sonicが20年に渡る過去の貴重なライヴ映像を一挙公開する『Summer Sonic Highlights on YouTube』を、11/27(金)と11/28(土)に配信する。

2006年に亡くなったファンクの帝王James Brownに殺害説が浮上

言わずと知れたレジェンドアーティストの1人、ファンクの帝王ことJames Brown。彼は2006年に心不全によって73歳でこの世を去ったとされていたのだが、この度、彼の死についての衝撃的な調査が発表された。なんとJames Brownは殺害された可能性があるというのだ。

Ski Mask the Slump God、サンプリングの許可が下りずバイオリンで再現してレコーディング

ラッパーSki Mask the Slump Godがテレビ番組『Boy Meets World』のテーマソングのサンプリング使用許可をもらえずに試行錯誤。バイオリニストをスタジオに呼び、テーマソングを再現したリフを演奏してもらいレコーディングをした。

most popular

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。