MAWの展覧会『BUCK UP』がZAKAI HEADQUARTERSで開催。コラボキャップも販売

東京・町田のZAKAI HEADQUARTERSにてMAWの展覧会『BUCK UP』が3/3~3/12まで開催される。

MAWはMikeLというスマイルマークのキャラクターを東京中心にステッカーやマーカー等で多く露出している人物。最近ではMikeLは路上だけでなくメディアや公共の場でも見る機会が多く、ファッション雑誌NYLONの人気連載『Kaela’s Gallery』にて木村カエラとのコラボレーションを行ったり、2016年には初個展『CATCHY』を、2017年1月にも個展『REPEAT』を開催した。

MikeL
MikeL

今回のZAKAI HEADQUARTERSでの個展『BUCK UP』では、キャンバス数点などを展示するほか、ZAKAI & MAWで共同制作したCAP(4色)の販売などを予定している。

ZAKAI

MAW Instagram https://www.instagram.com/___maw___/

Info

MAW

■日時:2017年3月3日(金)~3月12日(日)

営業時間:(月~金) 14:00~20:00 (土~日) 13:00~20:00

※定休日:木曜日 (都合により変更する場合がございますのでWEBSITE営業カレンダーをご覧ください)※

■場所:〒194-0022

東京都町田市森野1-35-4 TM5ビル 2F

■「MikeL × ZAKAI Cap」販売について:ZAKAIHQ店頭ではエキシビション初日から販売開始。

通販の場合はzakai.jp にてエキシビション初日から予約受け付けを開始いたします。

■入場料:無料

※展示作品の一部は販売していますので、お気軽にお問い合わせ下さい。

WEB SITE zakai.jp

related

【特集】渡辺志保のトロント訪問記 Vol.2 | 独自の文化が根付くパブリックアート、多様性を打ち出す先進的な都市

Vol.1はこちらから。 今回、一週間足らずの滞在ではありましたが、トロントはとてもインプレッシヴな街でした。個人的には、人生において二度目のトロント訪問。とは言っても、前回訪れたのは私が11歳頃の時。詳しい記憶はすでに霧の中…という感じですが、それでも、当時トロントで観覧したブロードウェイ・...

Martha Cooperがグラフィティークルー1UPと過ごした1週間の記録を記念した展示が開催

70年代からアメリカのグラフィティー・シーンを写真に収めて来たMartha Cooperが、ベルリンを中心にヨーロッパや世界各地で活動してきたグラフィティークルー1UPと共に1週間を過ごした記録を収めた写真集『ONE WEEK WITH 1up』を刊行する。

ストリートアートをテーマにした特集上映でBANKSYの初監督作や『ワイルド・スタイル』などを上映

渋谷から様々なカルチャーを発信してきたPARCOが、渋谷の劇場4館でストリートアートをテーマにした映画を上映する企画『SHIBUYA CINEMATIC GRAFFITI vol.1』を開催する。

most popular

ヘイトスピーチや嫌がらせを発見した時にするべき4つのこと

公共の場で嫌がらせを受けている人を見つけた時はこのように行動しようというイラスト付きのリストを投稿され、多くの人にシェアされている。

テキサスで男性が鋼鉄のフェンスとセックスし逮捕

18日、米テキサス州の32歳の男が鋼鉄のフェンスと性行為を行い、告訴された。法廷に現れず、現在逃亡中とのこと。

ヴェネチアのビエンナーレに出展された「世界東京化計画」とは?世界の有名都市が東京に変化する映像作品

6つの都市が「東京のようなアーバンランドスケープになってしまったら?」というテーマ制作された「世界東京化計画」というビデオ作品はヴェネチア・アーキテクチャー・ビエンナーレで展示されている。