YEEZY SEASON 5の会場に"Thong Song"で知られるSisqóがいたと話題になるも、別人だったことが明らかに

Kanye WestのYEEZY SEASON 5のショーは、本人こそ不在だったものの、妻のキム・カーダシアンは、VOGUEの編集長アナ・ウィンターと共に参加し、他にもフロントロウはA$AP BariやVirgil AblohやRich The Kid、A$AP Fergなどのセレブたちが陣取っていた。

その中に懐かしのシンガーがいたと来場者の間で話題になっていた。それはSisqóだ。

Dru HillのメンバーだったSisqóは銀髪などの派手なルックスが話題になり、1999年のヒットシングル"Thong Song"は日本でもヒットした。Sisqóはファッションウィークの他の会場でも姿を現し、あいもかわらず派手なスタイルで注目されていたようだ。

しかし実はSisqóはYEEZY SEASON 5はおろか、期間中にNYにはいなかったということが判明した。会場にいたのは全くの別人だったのだ。

fake-sisquo-fashion-show
YEEZY SEASON 5の会場に現れたSisqó似の男

Page Sixによればこの男は、アシスタントを連れてSisqóとして振る舞い会場に入りこむのに成功したという。しかしその後インタビューに答えた謎の男は「おれはSisqóだなんて一言も言ってない。他の来場者がおれをSisqóだと思ったとしたら、それはイケてないな」と語っている。

男は1986年生まれのGavin Barnesと名乗ったが偽名の可能性が高いという。その時ラスベガスでライブを行っていた本物のSisqóのマネージャーは「もちろんこの男には見覚えがない」と語った。

次は東京のファッションウィークにも姿を現わすかも?

 

related

Kanye WestのYeezyが新型コロナウイルスの影響を受け200万ドル以上の融資を受けたことが判明

先日はGAPとのコラボレーションが発表されるなど好調な様子を見せているKanye WestのブランドYeezy。新型コロナウイルスの世界的なパンデミックによりファッションブランドを含む多くの企業が経済的な打撃を受ける中、Yeezyが経営を維持するために多額の融資を受けていたことが報じられている。

新しくリリースされるとみられるKanye WestのYeezyがTwitter上で‘Yeezy Crocs’と嘲笑される

ここ日本でも人気を博しているKanye WestのブランドYeezy。特にスニーカーは新モデルが発表される度に大きな話題となるが、今回、今までとは違った意味でYeezyのシューズが盛り上がっている。

Kanye Westが日本の繊維企業に訴えられたとの報道

言わずと知れたKanye WestによるアパレルラインYeezyが、日本の繊維企業との間に問題を抱えていることが明らかとなった。

most popular

NYのSupremeファンを恐怖に陥れるThe Apeとは?!

NYではSupremeはご用心

NYのスケーターの間でSupreme離れが進んでるとの報道。ルイ・ヴィトンとのコラボが影響か

Supremeとルイ・ヴィトンとのコラボの影響はポジティブな面でも、ネガティブなでも、その影響は大きそうだ。ポジティブな面で言うとこのストリートファッションシーンの巨人が、前人未到の地位にいることを再確認させてくれた。コラボ直後にはルイ・ヴィトンを手がける世界最大のファッション企業体LVMHグループがSupremeを買収するという噂話も、まことしやかに流された。

Thrasherの編集長がスケーターアイテムを着るセレブを批判

Thrasherは1981年に創刊されたスケート雑誌の象徴といえる存在だ。現在ファッション業界でThrasherのロゴが入ったTシャツやパーカーなどのアイテムが、トレンドになっている。