CeeLo Greenがグラミー賞授賞式の衝撃的な衣装を着用した理由を話す

トップアーティストたちが集う、グラミー賞授賞式の1つの楽しみ方は、来場者のファッションだが、今年最も注意を引いたのはRihannaでもBeyonceでもなく、CeeLo Greenだったのは間違い無いだろう。

CeeLoは全身を黄金に包まれた漫画の悪役のようなコスチュームで登場、その圧倒的な存在感で会場を困惑させた。

Pigeons & PlanesがCeeLoに、なぜこの衣装を着たのかという理由を聞いているが、その回答はさらにこちらを困惑させるものだった。

グラミー賞の会場に登場したのはCeeLo自身ではなく別人格のGnarly Davidsonであるという。CeeLoはGnarly Davidsonが「会場にハーレー・ダビッドソンのバイクで現れたときに、心臓がドキドキし、おれが彼を止めることができるのかわからなかった」とコメント。

それに対して会場に現れたGnarly Davidsonは、「おれはCeeLoにやってやるといったからやったんだ。CeeLo Greenくそったれ!おれは自分にくそったれって言ってるんだぜ。おれは有名だ」という謎のコメントを残した。

そして本日Gnarly Davidsonは捨て台詞と同じタイトルの"F*** Me, I'm Famous"というデビューシングルのミュージックビデオを公開。めちゃめちゃに見えて実はクレバーなプロモーションだったのかも?

related

2021年グラミー賞の受賞者が発表|Megan Thee Stallionが最優秀新人賞、H.E.R.が最優秀楽曲賞を受賞

今年もいよいよ幕を開けたグラミー賞の授賞式。以前よりそのノミネーションが批判の対象となり、The weekndがボイコットを表明するなど例年と比べ波乱の展開を見せた今年のグラミー賞だが、その受賞者が発表となった。

今年のグラミー賞候補に対する批判についてレコーディングアカデミーが声明を発表

いよいよ発表となった2021年グラミー賞のノミネート。毎年大きな注目を集めるアメリカ音楽業界の祭典だが、今回はノミネートされた作品やアーティストに対し、多くの批判や疑問、不満が寄せられている。特にヒップホップやR&Bのノミネート作については例年以上の批判の声が上がっているが、そんな中、賞を主宰するレコーディングアカデミーがこれらの反応に対し返答を行なっている。

CeeLo GreenがCardi BとMegan Thee Stallionの“WAP”を「今の音楽は恥知らずで野蛮」と批判

先週金曜日にリリースされ、既に大ヒットとなっているCardi BとMigan Thee Stallionのコラボ曲“WAP”。いかにも二人らしいエロティックなリリックも話題を呼んでいるが、そんな中、Goodie Mobbなどでの活動で知られるレジェンドCeeLo Greenが“WAP”を批判し物議を醸している。

most popular

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。