CeeLo GreenがCardi BとMegan Thee Stallionの“WAP”を「今の音楽は恥知らずで野蛮」と批判

先週金曜日にリリースされ、既に大ヒットとなっているCardi BとMegan Thee Stallionのコラボ曲“WAP”。いかにも二人らしいエロティックなリリックも話題を呼んでいるが、そんな中、Goodie Mobbなどでの活動で知られるレジェンドCeeLo Greenが“WAP”を批判し物議を醸している。

Complexによると、CeeLo GreenはFar Outのインタビューにて性的なリリックを多く含んだ楽曲についての持論を語った。彼は「今の音楽の多くは、個人的にも道徳的にも不幸で失望させられるものばかりだ」、「昔は、ある特定の規則を設けるために十分な知識を持っている時代があった。俺たちはそれを意図された人々に向けて、俺たちが使う言葉のスタイルで表現することが出来た。でも、今の音楽は恥知らずで野蛮だよ。アダルトコンテンツには適切な時と場所があるはずだ」と語り、過度に性的なトピックを扱う楽曲が公衆に届くことへの危惧を明らかにしている。

続けてCardi BとMegan Thee Stallionの名前を挙げ、「Cardi BとMegan Thee Stallion、彼女たちは似たような卑猥なジェスチャーをして、ちょっとしたことで地位を得ている。自立して自分でコントロール出来る女性だということは理解しているし、神々しい女性性や性的表現も全て理解している。でも、そこまでの犠牲を払うべきことか?」と疑問を呈した。

“WAP”はフックの「Yeah, you fuckin’ with some wet-ass pussy/Bring a bucket and a mop for this wet-ass pussy/Give me everything you got for this wet-ass pussy」という、敢えて和訳は避けるが自身の身体をフレックスし、性的な欲求を満足させることを求めることで上位に立つ存在たる自らを表現するリリックが特徴的だ。当然規制がかかる内容のためラジオ向けのクリーンバージョンもリリースされていおり、CeeLo Greenが求めるようなゾーニングもなされている。

確かに性的な内容や暴力的な内容を含む楽曲の扱い方については議論の余地があるところだが、これまで男性のそれと比べ女性が性的なトピックを曲中で扱うことへの反発が大きかった時代が続いてきたことを考慮すれば、Cardi BとMegan Thee Stallionのような存在がスターとなり、“WAP”のような楽曲が大ヒットを記録する状況は歓迎すべきことだ。また、仮に“WAP”のように性的な楽曲が男性アーティストによってリリースされ大ヒットした場合、果たしてその楽曲は同じような批判を浴びるのかどうか、という点も考慮すべき問題である。

CeeLo Greenの批判に対するCardi BやMegan Thee Stallionのリアクションも気になるところだ。

related

Cardi BとMegan Thee Stallionの“WAP”をディズニーの映像と合わせたパロディ動画が登場

当代きってのフィメールラッパー二人によるコラボ曲として大ヒットを記録しながらも、あまりに性的なリリックによって物議を醸したCardi BとMegan Thee Stallionの“WAP”。今回、そんな同曲とディズニーの名作アニメ映画を組み合わせたファンメイドの動画が公開された。

Cardi BがOffsetとの離婚後求婚のDMが殺到していると明かす

先日、Offsetとの離婚を正式に申請したことが報じられたCardi B。そんな彼女が独身となることを受け、様々な人々から求婚やデートに誘うDMが殺到していることを明かした。

Tory LanezがMegan Thee Stallion銃撃後の沈黙を破り新作『Daystar』をリリース|謝罪無しのリリースに批判や再生を控えるよう呼びかける声も

7月、車内でMegan Thee Stallionの足を銃撃し怪我を負わせ逮捕されたTory Lanez。その後彼は保釈されたもののSNSでは多くの批判を浴び、またそれに対するコメントも出していなかったが、本日突如として沈黙を破りニューアルバム『Daystar』をリリースした。

most popular

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。