『TOKYO MUSIC ODYSSEY 2017』でFishmansとCorneliusのドキュメンタリーも上映。トークショーには川村ケンスケや角舘健悟も登場

スペースシャワーTVが主催する音楽とカルチャーの祭典『TOKYO MUSIC ODYSSEY 2017』ではライブの他にも、選りすぐりの映像作品を大画面とライブハウス渋谷 WWWならではの臨場感あふれる音響で上映する『MOVIE CURATION 〜特上音響上映会〜』も行われる。すでに昨日発表されていた『The Documentary DEV LARGE/D.L』に加え、残り2作品も発表された。

残りの2作品は、『Fishmans in SPACE SHOWER TV』と『Cornelius performing Fantasma USツアー 密着ドキュメンタリー・完全版』。

『Fishmans in SPACE SHOWER TV』は孤高のバンドFishmansのライブを記録したLIVE SHOWERや、SPACE SHOWER TV出演時の秘蔵映像をDVD化したシリーズ『Fishmans in SPACE SHOWER TV epsode1~3』から選りすぐりのシーンを上映するもの。

Fishmans

CORNELIUSのアメリカツアー『CORNELIUS PERFORMS FANTASMA』に密着した60分番組に、ライブ映像中心に未公開シーンを追加した完全版も上映される。

Cornelius

それぞれの上映作品やアーティストへの関わりが深い、川村ケンスケ、角舘健悟(Yogee New Waves)、堀江博久、あらきゆうこがトークショーゲストとして出演することも発表された。

選りすぐりの音楽映画を堪能することができる1日限りのイベント、『TOKYO MUSIC ODYSSEY 2017』のチケットは現在発売中だ。

Info

Movie

TOKYO MUSIC ODYSSEY 2017 MOVIE CURATION 〜特上音響上映会~
日時: 3/6(月)
会場: Shibuya WWW

上映作品
「Fishmans in SPACE SHOWER TV」 (OPEN 14:30/START 15:00)
「『Cornelius performing Fantasma USツアー』 密着ドキュメンタリー・完全版」 (OPEN 17:30/START 18:00)
「『The Documentary DEV LARGE/D.L』SPECIAL EDITION」 (OPEN 20:30/START 21:00)

チケット発売中: ¥1,800-(税込) ※各回入れ替え制
https://tokyomusicodyssey.jp/movie/

RELATED

【特集】Cornelius『Mellow Waves Visuals』| 映像と演奏のシンクロによってライブを完成させる

「活動の完成形となるのはライブパフォーマンス」だという、Corneliusこと小山田圭吾。まずは楽曲を制作し、すべての楽曲を映像化。MVをライブのステージ上に投影し、演奏とシンクロさせることで、彼ならではの世界観が浮かび上がる。30年近いキャリアとともに作風が徐々に抽象化され、ゆるやかに音が積み上がっていくかのような楽曲たちは、国内外のファンを魅了させ続ける。

別冊ele-kingとして発売された書籍『コーネリアスのすべて』の続編が登場|ロング・インタヴューや秘蔵写真、コレクターズアイテム、細野晴臣や砂原良徳との対談などを収録

2017年に別冊ele-kingとして発売された書籍『コーネリアスのすべて』の続編が新たに登場した。

ANARCHYの初監督映画『WALKING MAN』の予告編が公開 | T-Pablow、WILYWNKA、Leon Fanourakisなども出演

ANARCHYによる初監督作品『WALKING MAN』が、10/11(金)から新宿・バルト9他全国で公開されることになった。野村周平が主演する本作の予告編が公開となった。

MOST POPULAR

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。