DJ KhaledがビヨンセとJay Zをフィーチャーした"Shining"をサプライズリリース

アメリカの各メディアが第59回グラミー賞の名シーンを振り返る中、DJ Khaledは、グラミー賞ですばらしいパフォーマンスを披露したビヨンセとJay Zをフィーチャーした"Shining"をリリースした。

もちろんDJ Khaledのハイプなイントロで幕を開けるこの曲のカバージャケットの子供は、彼の愛息Asahd Tuck君。

Jay Zは自身のヴァースの中で21 Savageに言及。 ビヨンセはBest Music VideoやBest Urban Contemporary Albumなどのグラミー賞を受賞した。ビヨンセとJay-Zの共演は2013年の“Drunk in Love”以来となる。

related

Jay-Zが自身のマリファナブランド『Monogram』をスタート

ラッパーがマリファナビジネスに参入し、自身のブランドをスタートさせることは珍しくない。過去にはWiz KhalifaやPost Maloneといったマリファナを愛するラッパーたちがブランドを立ち上げていたが、今回、ついにヒップホップシーンきっての大物Jay-Zが参入を発表した。

PharrellとJay Zのコラボ曲"Entrepreneur"のミュージックビデオが公開 | 日本初の黒人経営者によるアニメスタジオD’ART Shtajioなど世界で活躍する黒人の起業家たちへの敬意と称賛を表現

Pharrell WilliamsがJay Zをフィーチャリングに迎えた新曲"Entrepreneur"をリリースし、ミュージックビデオも公開した。

Megan Thee Stallionの“Savage”のBeyoncéによるリミックスがリリース|ポルノサイトがBeyoncéによってネームドロップされたことも話題に

今年はレーベルとの契約問題等を乗り越えアルバム『SUGA』をリリースし、スターとしての地位を確立しつつあるMegan Thee Stallion。そんな彼女の楽曲“Savage”に、なんとBeyonceが参加したリミックスバージョンが今週水曜日にリリースされた。

most popular

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。