Thrasherがロゴを盗用したアイテムをリリースしたForever 21に激怒

Thrasher Magazineといえば創刊から30年以上経った今でも、シーンの最前線に立ち続ける、スケートカルチャーの代弁者だ。

編集長のJake Phelpsは以前あるインタビューでスケートファッションを取り入れるセレブに怒りを表明するなど、インディペンデントな姿勢を貫いてきた。

しかし現在スケーター・ファッションはトレンドになっており、中でもRihannaやJustin Bieberなどがロゴアイテムを着用したことで、Thrasherのアイテムは高い人気を集めている。 そんな状況のなかForever 21があるアイテムをリリースし波紋を呼んでいる。

Forever 21はこれまでもKanye Westのアーティストグッズに酷似するアイテムなどをリリースしてきたが、今回はThrasherのロゴのフォントを使用した「Happiness」と書かれたウインドブレーカーをリリースした。 Thrasher ThrasherもSupremeと同じくこのフォントの商標権を持っていないため、法的には問題ないとはいえ、セレブがアイテムを着用したことに拒否感を示したThrasherだけに、今回も単純明快なリアクションをInstagramで見せてくれた。

FUCK OFF @forever21 ??

THRASHER MAGAZINEさん(@thrashermag)が投稿した写真 -

Instagramで今回のアイテム画像のスクリーンショットを貼り、一言「FXXK OFF @forever21」と、カルチャーにリスペクトのないコピー商品を切り捨てた。 ウェブショップなどで販売されていたこのウインドブレーカーは現在Forever 21のオンラインショップから購入することができなくなっている。

related

Supreme前夜、NYストリートで何が起こっていたのか | 映画『All the Streets Are Silent:ニューヨーク(1987-1997)ヒップホップとスケートボードの融合』監督インタビュー 

2022年10月21日よりドキュメンタリー映画『All the Streets Are Silent:ニューヨーク(1987-1997)ヒップホップとスケートボードの融合』が公開される。

堀米雄斗のメタバース対応NFT「The Golden 22」がリリース

香港を拠点とするクリエイティブスタジオAllRightsReservedが、スケートボード金メダリストである堀米雄斗の、デジタルIPライセンス付きNFT 「The Golden 22」を、コレクタブルクリエイティブプラットフォーム・FWENCLUB上にて、1点限定でリリースする。 堀米雄斗 ...

Diaspora skateboardsのフルレングスビデオ『SYMBIOSIS』がプレミア公開

Diaspora skateboardsが、2020年に発表したブランド初となるフルレングススケートビデオ『SYMBIOSIS』を12月28日(火)21時にオンライン公開する。 本作品は、2021年3月に全国のスケートショップ等でフィジカル販売され即完売。再販も行われたが、視聴を望む声も多く...

most popular

NYのSupremeファンを恐怖に陥れるThe Apeとは?!

NYではSupremeはご用心

NYのスケーターの間でSupreme離れが進んでるとの報道。ルイ・ヴィトンとのコラボが影響か

Supremeとルイ・ヴィトンとのコラボの影響はポジティブな面でも、ネガティブなでも、その影響は大きそうだ。ポジティブな面で言うとこのストリートファッションシーンの巨人が、前人未到の地位にいることを再確認させてくれた。コラボ直後にはルイ・ヴィトンを手がける世界最大のファッション企業体LVMHグループがSupremeを買収するという噂話も、まことしやかに流された。

Thrasherの編集長がスケーターアイテムを着るセレブを批判

Thrasherは1981年に創刊されたスケート雑誌の象徴といえる存在だ。現在ファッション業界でThrasherのロゴが入ったTシャツやパーカーなどのアイテムが、トレンドになっている。