The WeekndとH&Mがコラボ、メンズウェアコレクションを発表

H&Mは、スーパースターThe Weekndが厳選するメンズウェアコレクション「Spring Icons Selected by The Weeknd」を発表。3/2より全国のH&Mのメンズウェア取り扱い店舗およびオンラインにて販売される。

「Spring Icons Selected by The Weeknd」は、春のメンズウェアのエッセンシャルアイテムコレクション。ストリートのシルエットとテイラードのラインが特徴で、実用性も兼ね備えた重要なステートメントが打ち出されている。

The Weekend

The Weeknd

シャープなアーバンアイテムが揃っており、ゴールドベージュのコットン・ボマージャケットは胸元の丸いテリーパッチやリブの裾が特徴。また当コレクションのキーアイテムとも言えるカンガルーポケット付きのパーカは、ブラックとオリーブの2色をラインナップしている。

The Weeknd

さらに、ドローストリング付きのテイラードパンツには、ルースな裁ち端のジャージーTシャツ、軽いモダンな雰囲気に仕上げるには、合皮のモーターバイクジャケットやフェイクスエードのジップアップシャツなど、アウターウェアが決め手に。一方、マンダリン襟のコットンシャツや、アウターの重ね着に適したセミフォーマルジャケット、また、ベルト付きの軽めのダブルスプリングコートのような新鮮なテイラードアイテムは、シャープな仕上がりを演出する。

The Weeknd

The Weeknd

The Weekndは 「コレクションを選ぶ過程をとても楽しんだよ。ボマージャケットやパーカのようなアーバンアイテムを、テイラードシャツやジャケットとミックスするのがとても好きなんだ。 全てのアイテムが気取ってなくて新鮮だし、メンズウェアはまさにこうあるべきだと思うよ」とコメントを発表している。(Yuuki Yamane)

INFO:

取扱店舗:H&Mメンズ取扱全店舗、公式オンラインストア(hm.com)

H&M公式SNS:

Facebook/japanhm

Line@hm

Twitter@hmjapan

ユニバーサル ミュージック ジャパン公式アーティストサイト:

http://weeknd.jp/

related

TOGA ARCHIVES × H&Mコラボが9月に発売

TOGA ARCHIVES × H&Mのコラボレーションアイテムが、9月2日(木)から限定店舗および全世界のH&M公式オンラインストアで発売となる。

The WeekndやTeyana Taylor、故Pop Smokeのレーベルオーナーが2021年グラミー賞のノミネーションを批判

今週、毎年の恒例行事であるグラミー賞の候補作がいよいよ発表となった。主要4部門の最優秀レコード賞にはBeyonceの“Black Parade”やDaBabyとRoddy Ricchの“ROCKSTAR”、Doja Catの“Say So”などがノミネートされ、また最優秀アルバム賞にはJhene Aikoの『Chilombo』、Post Maloneの『Hollywood’s Bleeding』、Taylor Swiftの『Folklore』などがノミネート。また、最優秀楽曲賞の候補作としてRoddy Ricchの“The Box”やH.E.R.の“I Can’t Breathe”などが挙がり、最優秀新人アーティスト賞の候補としてMegan Thee Stallion、Doja Cat、KAYTRANADA、D Smokeらが名を連ねている。そんな中、複数のアーティストが賞の在り方に疑問を呈し、話題を呼んでいる。

The Weekndが自身の楽曲の女性蔑視的なリリックについて「自分ではなくキャラクターが歌っていること」と説明

今年リリースの新作『After Hours』がパンデミック下のサウンドトラックとして高く評価されたThe Weeknd。そんな彼が、自身のリリックの一部が女性蔑視的であるとの指摘を受け説明を行なっている。

most popular

NYのSupremeファンを恐怖に陥れるThe Apeとは?!

NYではSupremeはご用心

NYのスケーターの間でSupreme離れが進んでるとの報道。ルイ・ヴィトンとのコラボが影響か

Supremeとルイ・ヴィトンとのコラボの影響はポジティブな面でも、ネガティブなでも、その影響は大きそうだ。ポジティブな面で言うとこのストリートファッションシーンの巨人が、前人未到の地位にいることを再確認させてくれた。コラボ直後にはルイ・ヴィトンを手がける世界最大のファッション企業体LVMHグループがSupremeを買収するという噂話も、まことしやかに流された。

Thrasherの編集長がスケーターアイテムを着るセレブを批判

Thrasherは1981年に創刊されたスケート雑誌の象徴といえる存在だ。現在ファッション業界でThrasherのロゴが入ったTシャツやパーカーなどのアイテムが、トレンドになっている。