Coachellaとの契約によりビヨンセはCoachellaをキャンセルした場合でもギャラを受け取れる!?

今週ビヨンセは双子を妊娠しているとInstagramで発表した。Jay-Zと同じくらい彼女と子供の健康状態を心配しているのはCoachellaの運営団体Goldenvoiceだろう。ビヨンセは今年4月に開催予定Coachellaのヘッドライナーとしてラインナップされている。

ビヨンセは現在35歳。双子を妊娠しており、現在妊娠4〜5ヶ月と報じられている。4月には妊娠6〜7ヶ月を迎えると見られている。

TMZはビヨンセの2週間に渡るブッキングフィーは1億2000万円であると報じている。そして、TMZが入手したイベント保険のコピーによると、妊娠を含むパフォーマンス不能な状態になったとしても、同額のギャランティーを受け取ることができると報じている。

しかしCoachellaはさほど心配していないようだ。チケットはすでにソールドアウトしており、代替のヘッドライナーをすぐに見つけられるということ。

related

Megan Thee Stallionの“Savage”のBeyoncéによるリミックスがリリース|ポルノサイトがBeyoncéによってネームドロップされたことも話題に

今年はレーベルとの契約問題等を乗り越えアルバム『SUGA』をリリースし、スターとしての地位を確立しつつあるMegan Thee Stallion。そんな彼女の楽曲“Savage”に、なんとBeyonceが参加したリミックスバージョンが今週水曜日にリリースされた。

Coachella 2020が新型コロナウイルスの影響で10月に延期されて開催されることが決定

世界を震撼させている新型コロナウイルス。イベントの中止や自粛など音楽業界も大きなダメージを受けているが、そんな中来月開催予定だったアメリカ最大の音楽フェスCoachellaが10月に開催延期となることが発表された。

Jay-ZとBeyonceがスーパーボウルの国歌斉唱にて起立しなかったことが物議を醸す|コリン・キャパニック選手は批判の投稿をリポスト

昨日開催されたアメリカのエンターテイメント最大の祭典であるNFLスーパーボウル。以前よりNFLによる人種差別とハーフタイムショーの出演アーティストが議論を呼び続けてきたが、そんな中、昨日のスーパーボウルに出席していたJay-ZとBeyonceの夫妻がとった行動が物議を醸している。

most popular

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。