Montell Jordanの名曲をサンプリング、Chris BrownとBig SeanをフィーチャーしたJeremihの新曲

シカゴのシンガーJeremihにとって2016年の年末は激動だった。まずPARTYNEXTDOORとのツアーを替え玉を送り込んだあげくドタキャン、かと思えば同郷のChance The Rapperとともにすばらしいクリスマスミックステープをリリース。ムラっ気のあるこの天才シンガーらしい幕の閉じ方だった。

そんなJeremihが2017年初めてのシングルをドロップ、今回はChris BrownとBig Seanという豪華ゲストをフィーチャーした"I Think of You"だ。

この曲はいま増加している2000年代のトラックをネタにした1曲で、Montell Jordanの"Get It On Tonite"をサンプリングしている。

モダンなブギーテイストのトラックにJeremihのきらびやかなハイトーンでスムースなボーカルが映える1曲は、Jeremihの4枚目のアルバム『Later That Night』からのファーストシングルだ。

related

QuavoとChris Brownがバスケットボールの腕前を巡り挑発し合う

ヒップホップとバスケットボールの繋がりは深く、中にはプロ顔負けの腕前を誇るラッパーも少なくない。NBAの「セレブリティオールスターゲーム」など、ラッパーたちが参加するバスケットボールの試合はプロの試合にも負けないほど大きな注目を集めるが、今回、QuavoとChris Brownがバスケの腕を巡り火花を散らし合っている。

Big Seanが「今ラッパー同士がビーフをすることには意味が無い」と語る

近日中にニューアルバム『Detroit 2』をリリース予定のBig Sean。そんな彼が、ラッパー同士のビーフについての持論を語り話題を呼んでいる。

『ブラックパンサー』などで知られる俳優チャドウィック・ボーズマンの死をDrake、Big Sean、Pharrell Williamsらが追悼

MARVELの『ブラックパンサー』で主演を務めたことで知られる俳優のチャドウィック・ボーズマンが8月28日、以前より闘病を続けていた結腸がんを原因に43歳でこの世を去った。スターの早すぎる死に悲しみが広がる中、ヒップホップシーンからも追悼の声が寄せられている。

most popular

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。