Asicsがトランプの入国制限政策に対して抗議文を発表

Nike、Adidasに続き、スニーカーメーカーのAsicsがトランプ大統領の政策とムスリム教徒の入国制限に対する抗議文をInstagramに公開した。

Together, we are stronger. #ASICS

ASICS Americaさん(@asics)が投稿した写真 -

「Asicsの信念は多様性であり、それが私たちをよりよい仲間、会社にすることを信じて疑わない。もし誰かの走りが速かったり遅かったり、もしく誰かのトレーニングがきつかったり軽かったりしても、私たちはあなたを裁かない。また、私たちは生まれや信仰で誰かを絶対に判断しない」

この抗議文は2/1に投稿されたもので、1/29にトランプ大統領が入国制限令に署名したことを揶揄したものだ。トランプ大統領はイラン、イラク、スーダン、ソマリア、イエメン、シリア、リビヤの7カ国の国民流入を一時禁止した。移民ビザを持っているにもかかわらず彼らはアメリカ便の搭乗を拒否され、または拘束された。それによりニューヨークのケネディ航空や他の都市で大規模な抗議デモが行われた。

テロへの懸念による制限令だったのだが、9.11以後、制限された7カ国の移民によるテロ行為は数少なく、むしろアメリカ出身の犯人によるテロ行為が多く発生している。

トランプ大統領のこの政策は国民や移民だけでなく、企業や市場にも混乱を及ぼすとして多くの企業が反対の姿勢を示している。

アメリカでは技術職の移民を招き入れ、発展してきた企業が多くある。今後企業とトランプ大統領との対立はさらに広がりそうだ。

related

YGとNipsey Hussleの“FDT”を道路で流していたファンがトランプ支持者に殴られる事件が発生

2016年に、YGと故Nipsey Hussleがリリースし反トランプのアンセムの一つとなった“FDT”。あまりに直接的なフックのリリックがこれまで良くも悪くも様々な事態を巻き起こしてきたが、今回、この楽曲をきっかけにトラブルに巻き込まれてしまった人物が現れたようだ。

Twitterで「Racist」と検索するとトランプ大統領のアカウントが最初に表示されるようになる

アメリカの歴代大統領の中でも特にTwitterを頻繁に利用(是非は別として)してきたドナルド・トランプ大統領。そんな彼のアカウントがTwitter上で思わぬ表示の仕方をされるようになったことが話題を呼んでいる。

BILLY‘Sの5周年プロジェクトで初のasicsとのコラボレーション | 「5」をテーマにしたスニーカーが登場

BILLY‘Sが5周年プロジェクトの一環として、asicsと初となるコラボレーションを行なった。

most popular

ヘイトスピーチや嫌がらせを発見した時にするべき4つのこと

公共の場で嫌がらせを受けている人を見つけた時はこのように行動しようというイラスト付きのリストを投稿され、多くの人にシェアされている。

テキサスで男性が鋼鉄のフェンスとセックスし逮捕

18日、米テキサス州の32歳の男が鋼鉄のフェンスと性行為を行い、告訴された。法廷に現れず、現在逃亡中とのこと。

ヴェネチアのビエンナーレに出展された「世界東京化計画」とは?世界の有名都市が東京に変化する映像作品

6つの都市が「東京のようなアーバンランドスケープになってしまったら?」というテーマ制作された「世界東京化計画」というビデオ作品はヴェネチア・アーキテクチャー・ビエンナーレで展示されている。