LyftのCEOが100万ドルをアメリカ自由人権協会(ACLU)に寄付すると発表 | Madeintyoも代表曲を"Lyft Everywhere"に改題すると賛意

Uberのライバル会社Lyftがアメリカ自由人権協会(ACLU)に寄付することを発表。MadeinTYOも自身の代表曲"Uber Everywhere"を"Lyft Everywhere"に改題すると発表。

ドナルド・トランプはシリア難民の受け入れを無期限に停止し、中東の7カ国に一般市民に対するビザの発給を90日間停止する大統領令に署名。その後すぐに空港に到着した難民や、永住権を持っている中東出身者も入国できなくなっている。それに対して大規模な抗議がアメリカ全土で行われている。

その大統領令に対してACLUは差し止めを請求。それを受けニューヨークの連邦地裁は大統領令による強制退去の差し止めを命令した。

また大統領令に対してニューヨークのタクシー組合がストライキを実行。しかしながら、車乗り合いサービスのUberはそれをチャンスとし、普段ならば需要に応じて料金を上がるところ、料金を据え置いて営業を続け、多くの人から非難を受けた。#DeleteUber というハッシュタグでUber使用のボイコットが呼びかけられている。

それに対してLyftのCEO Logan GreenとJohn Zimmerはトランプの大統領令に明確に反対する声明を発表。

特定の信仰や信条、人種やアイデンティティ、セクシュアリティ、エスニシティの人々のアメリカ入国禁止令は、Lyftはもちろんのことアメリカのコアバリューに反している。

Banning people of a particular faith or creed, race or identity, sexuality or ethnicity, from entering the U.S. is antithetical to both Lyft’s and our nation’s core values

Lyftの声明を受けて"Uber Everywhere"でUberを題材にラップしたMadeintyoはLyftへの賛意を表明。

もうUberは使わない。これからは"Lyft Everwhere"だとTwitterで発言。

現地時間1/27に署名された大統領令を受けて、ニューヨークのJFK空港にて多くの難民が入国できず拘束されていると報道。トランプの #MuslimBan をに反対するために多くの人がJFK空港や、他の都市のダラス空港、フィラデルフィアのPHL空港などでも抗議を行っている。

ポートランドのラッパーAminéもUberではなくLyftを使用するように呼びかけている。

related

Lil Wayneがトランプ大統領と面会|選挙公約「プラチナプラン」への支持を表明

アメリカ大統領選が目前に迫る現在、ヒップホップアーティストとトランプ現大統領との接近が次々と報じられ衝撃を与えている。先日はIce Cubeがトランプ陣営と面会していたほか、50 CentやLil Pumpといったラッパーがトランプ支持を表明していることも話題を呼んだ。そんな中、Lil Wayneがトランプ大統領と面会を行ったことが報じられている。

YGとNipsey Hussleの“FDT”を道路で流していたファンがトランプ支持者に殴られる事件が発生

2016年に、YGと故Nipsey Hussleがリリースし反トランプのアンセムの一つとなった“FDT”。あまりに直接的なフックのリリックがこれまで良くも悪くも様々な事態を巻き起こしてきたが、今回、この楽曲をきっかけにトラブルに巻き込まれてしまった人物が現れたようだ。

Twitterで「Racist」と検索するとトランプ大統領のアカウントが最初に表示されるようになる

アメリカの歴代大統領の中でも特にTwitterを頻繁に利用(是非は別として)してきたドナルド・トランプ大統領。そんな彼のアカウントがTwitter上で思わぬ表示の仕方をされるようになったことが話題を呼んでいる。

most popular

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。