Thrasher、TRANSWORLD SKATEBOARDING、スケート雑誌の世界に迫るドキュメンタリー『Devoted』

音楽、ファッション、どんなカルチャーであれ雑誌というメディアによってシーンは形成され広まっていった部分は大きいだろう。それはスケートでも一緒だ。現在でもファッションブランドとしても高い人気をほこるThrasher、TRANSWORLD SKATEBOARDINGなどがシーンの新しい流れやスターを紹介してきた。そんなスケート雑誌の世界に迫る1本のドキュメンタリーが製作された。

製作したのは様々なスケートブランドともコラボを行っているアーティストのLucas Beaufort、タイトルは『Devoted』だ。

LucasはJenkemのインタビューで「僕は雑誌に囲まれて育った。当時雑誌は毎月の贈り物だった。僕はSugar Magazineを定期購読していた。それは僕にとって、とても大切なことだった。20年経って出版物が僕の人生にどれだけの影響を与えたか気付いたんだ。スケートシーンを写し取るのに生涯を支えてきた人々に敬意を払う必要があると感じたんだ」と製作の動機を語っている。

スケートカルチャーの重要人物たちが雑誌についての思いを語るドキュメンタリー『Devoted』はトレイラームービーが公開されている。

related

ジャン=リュック・ゴダール監督の追悼上映がBunkamuraル・シネマで開催 | 『勝手にしやがれ』と『気狂いピエロ』を上映

ヌーヴェル・ヴァーグを代表する映画監督で今月91歳で亡くなったジャン=リュック・ゴダールの追悼上映がBunkamuraル・シネマで開催される。

『国道20号線 デジタルリマスター版』や空族が影響を受けたロードサイド映画3作も特別上映する『ロードサイド・フィルム・フィスティバル』が開催

空族の富田克也監督による映画『国道20号線 デジタルリマスター版』や、空族が影響を受けたロードサイド映画3作品を特別上映する『ロードサイド・フィルム・フィスティバル<選べ、失え、行け!2022>』が10/15(土)から新宿K’s cinemaで開催される。

NYのストリートカルチャーの誕生を追ったドキュメンタリー映画『All the Streets Are Silent:ニューヨーク(1987-1997)ヒップホップとスケートボードの融合』が公開

90年代のNYのストリートカルチャーの誕生を追ったドキュメンタリー映画『All the Streets Are Silent:ニューヨーク(1987-1997)ヒップホップとスケートボードの融合』が、10/21(金)にヒューマントラストシネマ渋谷などで公開される。

most popular

ヘイトスピーチや嫌がらせを発見した時にするべき4つのこと

公共の場で嫌がらせを受けている人を見つけた時はこのように行動しようというイラスト付きのリストを投稿され、多くの人にシェアされている。

テキサスで男性が鋼鉄のフェンスとセックスし逮捕

18日、米テキサス州の32歳の男が鋼鉄のフェンスと性行為を行い、告訴された。法廷に現れず、現在逃亡中とのこと。

ヴェネチアのビエンナーレに出展された「世界東京化計画」とは?世界の有名都市が東京に変化する映像作品

6つの都市が「東京のようなアーバンランドスケープになってしまったら?」というテーマ制作された「世界東京化計画」というビデオ作品はヴェネチア・アーキテクチャー・ビエンナーレで展示されている。