KANDYTOWNのYoutubeチャンネルに「IO - Mood Blue(intro)」という謎の映像がアップされる

先ほど、東京のヒップホップクルーKANDYTOWNのYoutubeチャンネルに、メンバーであるIO名義の謎の映像がアップされた。

今回アップされた「IO - Mood Blue(intro)」というムービーのクレジットによれば、この映像のサウンドトラックは同じくKANDYTOWNのメンバーRyohuが手がけ、IOの1stアルバム『Soul Long』でもタッグを組んだ上岡拓也氏がグラフィティを手がけている。映像の最後にはMarch.22, 2017という文字列も確認できた。

そして下にはComing Truという文とKANDYTOWNとIOのマネージメントとレーベルである、BCDMGとP-VINEのクレジットが置かれている。

これはなんらかの新しい作品の予兆なのだろうか?今後のアナウンスを待ちたい。

RELATED

IOのニューアルバム『Player’s Ballad.』のアートワークが公開

IOが6/19(水)にリリースとなるDef Jam Recordingsからのアルバム『Player’s Ballad.』のアートワークを公開した。

IOのアルバム『Player’s Ballad.』のトラックリストが公開 | KEIJU、Yo-Sea、5lack、MUDなどが参加

IOが6月19日リリースのDef Jam Recordingsからの1stアルバム『Player’s Ballad.』のトラックリストを公開した。

KANDYTOWNがクルーとしての2ndアルバムを今秋リリース | 東京・大阪でのZeppツアーも開催決定

ラッパー、DJ、トラックメイカー、アートディレクターなど総勢16名が所属するKANDYTOWNが、今秋にクルーとしては3年ぶりとなる2ndアルバムをリリースすると、渋谷TSUTAYA O-EASTにて開催されたワンマンライブ『LOCAL CONNECTION』で発表した。

MOST POPULAR

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。