Waka Flockaが、ライブ中にファンが着ていたドナルド・トランプのバスケットボールユニフォームでお尻を拭く

いよいよ日本時間では明後日に迫ったドナルド・トランプ新大統領の就任式。結局就任式ではラッパーがパフォーマンスすることはないようで、前任のオバマ大統領に比べ圧倒的な不人気を露呈している。その不人気さを象徴するような事件がWaka Flockaのライブで起こった。

Waka Flockaは今週月曜日にジョージア大学でライブを行ったが、そこに1人のファンが、ふざけ半分にドナルド・トランプのバスケットボールユニフォームを着用していった。

トランプ

そのファンはライブ前にTwitterで、このシャツを着ていくことのリスクも語っており、病院送りにならないか心配だと語っていた。

しかし結果は予想外のものだった。Waka Flockaはこのファンをステージ上から見つけると、着ていたジャージを脱ぐように指示し、着ていたユニフォームを受け取ると、ズボンとパンツを下ろし、そのユニフォームで自分のお尻を拭いたのだ。そしてすぐさまジャージをステージに叩きつけると「Fuck Donald Trump」とシャウトした。その模様は下記の動画で見ることができる。

related

Twitterで「Racist」と検索するとトランプ大統領のアカウントが最初に表示されるようになる

アメリカの歴代大統領の中でも特にTwitterを頻繁に利用(是非は別として)してきたドナルド・トランプ大統領。そんな彼のアカウントがTwitter上で思わぬ表示の仕方をされるようになったことが話題を呼んでいる。

トランプ大統領の弾劾公聴会でスウェーデンでのA$AP Rockyの逮捕が話題にのぼる

今年の夏、スウェーデンで乱闘騒ぎを起こしたことが原因で異例の拘留を受けていたA$AP Rocky。釈放のためにアメリカ政府が介入したことでも大きな注目を集めたその一件が、現在アメリカ議会で行われているトランプ大統領の弾劾公聴会にて話題にのぼったようだ。

トランプ大統領が自身を賛美するラッパーを募集するコンテスト #MAGAChallenge を開催

多くのラッパーやアーティストが反対の意を表明しているトランプ大統領。中にはKanye Westのように支持を表明しているアーティストも存在しているが、なんとそのようなラッパーをトランプ大統領自身が募りだした。

most popular

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。