NASAが選ぶ2016年のベスト・フォト66点

2017年になっても宇宙は、ほとんどの人にとって手が届かないもので、人々の目とロマンを引きつけた存在のままだ。

宇宙開発のリードするNASAが2016年に撮影した、珍しい宇宙の現象、ロケット発射、宇宙飛行士の生活などの、後世に残すべき写真を66枚リストアップした。

その中から数枚をピックアップして紹介する。

NewImageペルセウス座流星群
August 12, 2016 in Spruce Knob, West Virginia. Photo Credit: (NASA/Bill Ingalls)

NewImage
ユタ州で行われた火星プロジェクトの第一歩。宇宙での発射システムの実験。Photo Credit: (NASA/Bill Ingalls)

NewImage
ソユーズMS-01の発射。JAXAの大西卓哉も搭乗。4ヶ月を宇宙で過ごし10月に帰還。Photo Credit: (NASA/Bill Ingalls)

NewImage
大きな星は太陽。その左下にぽつんと影になっている金星が確認できる。100年に13度しか金星は地球と太陽の間に入ることはない。前回は2006年に観測された。 Photo Credit: (NASA/Joel Kowsky)

NewImage
Expedition 46のScott KellyがSoyuz TMA-18Mから出るのを救助するスタッフ。 Photo: Kazakh time

NewImage
10枚の合成写真。6人を運ぶ国際宇宙ステーションが太陽を横切るところ。
Photo Credit: (NASA/Joel Kowsky)

NewImage長時間露光によって、Soyuz MS-03の発射の瞬間を撮影。Photo Credit: (NASA/Bill Ingalls)

すべての写真はこちらから。

RELATED

山谷佑介がヨーロッパツアーの帰国報告展覧会『I came back home』を開催

9月にヨーロッパツアー「Doors」を敢行した写真家の山谷佑介が、帰国報告展覧会『I came back home』を12/7(金)より、杉並の和泉で開催する。作品のコンセプトに合った空間での展示を目的とした自主企画・ギャラリー山谷での展示は1年半ぶり。 2019年9月、必要な機材をバンに詰め...

小林健太が群馬・高崎で個展『The Magician's Nephew』を開催

写真家の小林健太が群馬県高崎市のrin art associationの3階にて個展『The Magician's Nephew』を11/17(日)より開催する。

細倉真弓が個展『NEW SKIN』を開催 | ポートレートや雑誌からの切り抜きなどなどを合成したコラージュ作品を展示

セクシュアリティとジェンダーをベースに人種や国籍、人と動物や機械、有機物と無機物など「かつて当たり前であったはず」の境界を再編する作品を制作している細倉真弓が、個展『NEW SKIN』を東京・江東のmumeiで開催する。

MOST POPULAR

ヘイトスピーチや嫌がらせを発見した時にするべき4つのこと

公共の場で嫌がらせを受けている人を見つけた時はこのように行動しようというイラスト付きのリストを投稿され、多くの人にシェアされている。

テキサスで男性が鋼鉄のフェンスとセックスし逮捕

18日、米テキサス州の32歳の男が鋼鉄のフェンスと性行為を行い、告訴された。法廷に現れず、現在逃亡中とのこと。

ヴェネチアのビエンナーレに出展された「世界東京化計画」とは?世界の有名都市が東京に変化する映像作品

6つの都市が「東京のようなアーバンランドスケープになってしまったら?」というテーマ制作された「世界東京化計画」というビデオ作品はヴェネチア・アーキテクチャー・ビエンナーレで展示されている。