FNMNLのニュースで2016年を振り返る ー ちょっと笑えるニュース

今年の7月にFNMNL.TVがローンチ。2016年の半ばを過ぎたところからスタートしたウェブメディアですが、わずか半年の間にさまざまな出来事がありました。激動の2016年をニュースで振り返っていきます。まずは今年FNMNLで取り上げたFunnyなニュースから。


クリスマスコンサートを行っていたR. Kellyが最前列の女性から股間をまさぐられる動画。大人のクリスマスがどれほどのものかをキッズに見せつけている。そして股をまさぐられた後のR. Kellyのリアクションもプロ。


歌われるリリックに使われている過激な単語にあからさまに呆然とする母親。母親は息子に対して「こういう音楽はあなたの脳に影響を及ぼす。クソみたいな音楽で、あなたは精神異常にさせられるわ。この気持ち悪い曲はセックスのこととかを歌ってる。あなたはこれをいいと思ってるの?」と説教。編集Wはこの息子に対して「忠告は聞かずにこれからもラップを聴き続けてほしいと思う」と謎のエールを送った。

エディ・スリマンによる真っ赤な超巨大ハート型のジャケットを着たRihannaがハトに餌をやっている。サン・ローラン2016年秋コレクションのもの。鳩が増殖を続けるニューヨークで、鳩に餌をやることは「ニューヨーク最大のタブー」と言われている。


ポケモントレーナーたちが育てたポケモンを戦わせるための場所「ポケモンジム」の1つになってしまったのは、悪名高きバイカーたちによるギャング集団「ヘルズ・エンジェルス」のクラブハウスだった。


元NBAバスケットボール選手ジェラルド・ウォレス選手がボストン・セルティックス時代に受けたインタビューがオーストラリアのアボリジニの民族楽器ディジュリドゥのようにしか聞こえないと話題になっている。

まだまだ続くFNMNL DON'T LOOK BACK 2016 ?FUNNY NEWS 2016?

毎日トイレでおしっこをすることに飽きてしまった人に贈るVRアプリが登場。Pee World VRは、まるで世界の名所や様々な場所でおしっこをしているかのような気分にさせてくれるライフハッキングなVRだ。


「オバマはグライムのミックステープを完成させ、来月発表するらしいぜ」とキャプションが付けられ、黒いadidasのセットアップ(トラックスーツ)黒いTシャツ、キャップ、NIKEのスニーカーに身をまとったオバマの画像がミームに。

Chief Keefを聴かせると泣き止む赤ちゃん。探偵ナイトスクープで調査してほしいくらい不思議です。


Fxxkと叫ぶ口の悪いオウムが抱える深刻なトラウマ。最初はおもしろいのですが、背景には暗い過去が。


「ファッションに関して2Pac、Suge Knight、Snoop Doggから影響を受けた」とヒラリー・クリントンが告白。画像が完全に一致。


ドミニカのラジオ局で思わず笑ってしまうような曲名のリクエストが届く。リスナーは"Are Those Reebok or Nike"(あの靴ってReebokだっけ?Nikeだっけ?)という一風変わったタイトルの曲をリクエスト。果たしてDJは曲を見つけることができたのか?

最後に紹介するのは…こちら!

アレサ・フランクリンの長すぎる国歌斉唱。その長さ5分。

related

FNMNLのニュース・記事で2016年を振り返る ー 音楽ビジネスの秘訣

FNMNLのニュースで2016年を振り返る。2016年フェミニズムに関する記事・インタビュー・ニュース編

FNMNLのニュース・記事で2016年を振り返る ー フェミニズム

FNMNLのニュースで2016年を振り返る。2016年フェミニズムに関する記事・インタビュー・ニュース編

FNMNLのニュースで2016年を振り返る ー ちょっと不思議なニュース

FNMNLのニュースで2016年を振り返る。2016年不思議なニュース編

most popular

【Interview】UKの鬼才The Bugが「俺の感情のピース」と語る新プロジェクト「Sirens」とは

The Bugとして知られるイギリス人アーティストKevin Martinは、これまで主にGod, Techno Animal, The Bug, King Midas Soundとして活動し、変化しながらも、他の誰にも真似できない自らの音楽を貫いてきた、UK及びヨーロッパの音楽界の重要人物である。彼が今回新プロジェクトのSirensという名のショーケースをスタートさせた。彼が「感情のピース」と表現するSirensはどういった音楽なのか、ロンドンでのライブの前日に話を聞いてみた。

【コラム】Childish Gambino - "This Is America" | アメリカからは逃げられない

Childish Gambinoの新曲"This is America"が、大きな話題になっている。『Atlanta』やこれまでもChildish Gambinoのミュージックビデオを多く手がけてきたヒロ・ムライが制作した、同曲のミュージックビデオは公開から3日ですでに3000万回再生を突破している。

Floating Pointsが選ぶ日本産のベストレコードと日本のベストレコード・ショップ

Floating Pointsは昨年11月にリリースした待望のデビュー・アルバム『Elaenia』を引っ提げたワールドツアーを敢行中だ。日本でも10/7の渋谷WWW Xと翌日の朝霧JAMで、評判の高いバンドでのライブセットを披露した。