Mike Will Made-Itが今年手がけた35曲のビートをSoundCloudで公開

アトランタのトップビートメーカーMike Will Made-Itにとって、今年はさらに飛躍を遂げた1年になった。Mike Willを見出した恩人Gucci Maneの出所後初のアルバムをZaytovenと2人で共同プロデュースを行ったかと思えば、手塩にかけてきたRae Sremmurdのアルバム『SremmLife 2』からは、Mike Willにとっても自身初となるビルボードチャート1位を獲得した"Black Beatles"が生まれた。そんなMike Willが、自身が今年手がけた楽曲のインストバージョンをSoundCloudで公開した。

35曲のプレイリストには先述のGucci ManeやRae Sremmurdをはじめとして、Young ThugやEearz、Future、2Chainzなどのラッパーをはじめとして、BeyonceやTinasheなどのシンガーに提供した楽曲も含まれている。

Mike Willの代名詞といえる、無駄がなくパワフルなトラップビートをはじめ、トップクリエイターのトラックを堪能してみては?

RELATED

ILoveMakonnenが「Gucci Maneとコラボしたとき、彼は全くサポートしてくれなかった」と明かす

ヒップホップシーンにおいては、別のアーティストとのコラボを行うことによって彼らからのサポートやフックアップを受け、自身のセールスやキャリアを向上させるという手法が一般的だ。しかし、憧れのアーティストとのコラボを行なったものの全くサポートを受けることが出来ないケースもあるようだ。

Gucci ManeがDiddyからヴィーガンバーガーを薦められるも食べるのを拒否

刑務所からの出所後に肉体改善に励んでいるGucci Mane。最近はスリムなボディもすっかり板についてきた彼だが、無理なダイエットもあるようだ。

Gucci Maneが「Migosは昔のMVでフェイクのチェーンをつけていた」と主張するもTakeoffに否定される

現在は不動の地位を確立しているGucci ManeとMigos。今回、Gucci ManeがMigosに対し思わぬ指摘を行なったことが話題となっている。

MOST POPULAR

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。