アメリカの国民的アニメ『シンプソンズ』にSnoop Dogg、RZA、Commonが登場

アメリカの人気アニメ『シンプソンズ』が来年の1月に公開予定の新作シリーズ「The Great Phatsby」にSnoop Dogg、RZA、Commonらが出演する。

「The Great Phatsby」は1時間でHiphopの歴史を振り返る内容になるという。Snoop、RZA、Commonの他に、女優のTaraji P.HensonやKay&PeeleからコメディアンのKeegan-Michael Keyもゲスト出演し、それぞれが各々のキャラクターの役を務める。

「The Great Phatsby」のプロデューサーを務めたDan GreaneyはEntertainment Weeklyに対して、「ラップのラシュモアマウンテンができた。」と語り、それぞれのラッパーが持つ雰囲気やHiphopの歴史を感じてほしいと強調した。オリジナルソングの"Empire"にプロデューサーのJim Beanzを起用し、シーンの大御所として"Jay G"というキャラクターの登場などHiphopファンをくすぐるような仕掛けが多く施されている。

現在、『シンプソンズ』はアメリカで最長寿番組としての記録を伸ばしている。Hiphopシーンの大御所がお茶の間に登場するということは、「The Great Phasby」が子供達とHiphopを繋げる架け橋をになってくれるだろう。(野口耕一)

シンプソンズ(楽天)

related

Snoop Doggが人生で初めて選挙人登録に挑戦する動画を公開

11月に迫るアメリカ大統領選挙の投票日。日本と異なりアメリカでは選挙に投票するにあたって自ら有権者登録をする必要があり、その選挙人登録を行わず投票にも行かない者の多さが問題視されてきた。そんな中、自らもこれまで一度も投票に行ったことが無かったというSnoop Doggが、生まれて初めて選挙人登録に挑戦する動画を公開した。

Snoop Doggがジンのブランド『Indoggo gin』をスタート

言わずと知れた西海岸のレジェンドSnoop Dogg。これまで様々なビジネスに関わって来た彼が、今度は酒造業界に参入するようだ。

RZAがアメリカのアイスクリームブランドGood Humorのテーマソングを制作|以前使用されていた楽曲にある人種差別的な背景を踏まえ「新しい時代のために作った」と明かす

Wu-Tang Clanの中心人物であり、先日は自身が愛するアクション映画を解説付きで配信するプラットフォーム『36 Cinema』をローンチしたことも報じられたRZA。そんな彼が、アメリカのアイスクリームブランドGood Humorの、販売トラックで使用されるテーマソングを新たに制作したことが明らかになった。

most popular

ヘイトスピーチや嫌がらせを発見した時にするべき4つのこと

公共の場で嫌がらせを受けている人を見つけた時はこのように行動しようというイラスト付きのリストを投稿され、多くの人にシェアされている。

テキサスで男性が鋼鉄のフェンスとセックスし逮捕

18日、米テキサス州の32歳の男が鋼鉄のフェンスと性行為を行い、告訴された。法廷に現れず、現在逃亡中とのこと。

ヴェネチアのビエンナーレに出展された「世界東京化計画」とは?世界の有名都市が東京に変化する映像作品

6つの都市が「東京のようなアーバンランドスケープになってしまったら?」というテーマ制作された「世界東京化計画」というビデオ作品はヴェネチア・アーキテクチャー・ビエンナーレで展示されている。