Supremeのボックスロゴパーカー発売日のオンラインストアのアクセス数は9億回

Supremeのボックスロゴパーカーをめぐる、すさまじい争いの模様を先日お伝えした。NYでは先行予約会が暴動状態になり中止され、ヨーロッパではオンラインストアでのリリースは2秒で完売しBotを使用しても購入できないという事態になった。では2秒で完売したオンラインのリリース日に、Supremeのサイトにはどれだけの人が訪問したのだろうか?

Supremeのオンラインショップの運営を代行しているSprayが発表したところによると、12/8の発売日にSupremeのオンラインストアにアクセスした数は、なんと9億回だ。もちろん多くの人が1人で何回もアクセスしているので、単純計算というわけにはいかないが、世界の総人口の1/7のアクセス数が、大人気ブランドの大人気アイテムめがけて行われたのだ。

⚡️??

Splay® ??✍?さん(@splay)が投稿した写真 -

この数字を見ると手に入れられなくてもしょうがないと思うか、逆にさらに欲しくなってしまうか。Supremeをめぐる狂騒はまだまだ続いていきそうだ。

 

related

BirkenstockのCEOがSupremeとのコラボを断った理由を明かす

ストリートウェアブランドのトップを走るSupremeは、これまでVansやNikeの様なスニーカー小売業者からLouis VuittonやJean Paul Gaulthierといった高級ブランドまで数多くの有名ブランドとコラボしている。そんな中、昨年8月にシューズブランドであるBirkenstockがSupremeとのコラボの辞退を発表したことが話題となったが、今回、BirkenstockのCEOがその一件の詳細な理由について語った。

Supreme初の女性スケーターBeatrice DomondのインタビューがSSENSEに掲載

日本でも公開されていた映画『スケートキッチン』などで女性スケーターに注目が集まる中、Supremeに初の女性スケーターとして契約したBeatrice DomondのインタビューがSSENSEに掲載されている。

Supremeがトランプ大統領による性的虐待の告発者に捧げるTシャツを発表

SupremeとフォトグラファーのRichard Princeが、トランプ大統領による性的虐待の被害に遭った18人の女性たちをフィーチャーしたTシャツを発表した。

most popular

NYのSupremeファンを恐怖に陥れるThe Apeとは?!

NYではSupremeはご用心

NYのスケーターの間でSupreme離れが進んでるとの報道。ルイ・ヴィトンとのコラボが影響か

Supremeとルイ・ヴィトンとのコラボの影響はポジティブな面でも、ネガティブなでも、その影響は大きそうだ。ポジティブな面で言うとこのストリートファッションシーンの巨人が、前人未到の地位にいることを再確認させてくれた。コラボ直後にはルイ・ヴィトンを手がける世界最大のファッション企業体LVMHグループがSupremeを買収するという噂話も、まことしやかに流された。

Thrasherの編集長がスケーターアイテムを着るセレブを批判

Thrasherは1981年に創刊されたスケート雑誌の象徴といえる存在だ。現在ファッション業界でThrasherのロゴが入ったTシャツやパーカーなどのアイテムが、トレンドになっている。