DJ LEAD『HOT 97 SUMER JAM TOKYO MIX CD』リリース記念インタビュー | 世界のHIP HOPシーンへ乗り込んだ男から届いた痛烈なメッセージ

1998年からの多岐に渡る国内活動を経て、2009年にNYを拠点とするトップDJ集団=The Heavy Hittersに日本人として初めて正式加入したDJ LEAD。2013年には世界で最も権威あるNYCのヒップホップFMステーション=「Hot 97」で自身のレギュラー番組「International Hour」をスタート。また世界最大のHIPHOPフェス『HOT 97 SUMMER JAM』に2014、2015年と2年連続の出演。

彼は国内最大のアーバン・フェス『SPRINGROOVE』、さらにはUS/ヨーロッパ/アジアツアーなど、世界を縦横無尽に飛びまわっている。DJ LEADは現在US以外では初の開催となった『HOT 97 SUMMER JAM TOKYO』の仕掛け人および看板DJとして、日本のシーンをダイレクトに繋ぐ「世界を知るDJ=シーンの最重要人物」として唯一無二の活躍を見せている。

12/14、DJ LEADは『HOT 97 SUMMER JAM TOKYO MIX CD』をリリースし、HIP HOPの祭典の熱気をパッケージ化。USで熱が高まっているHIP HOP、そして様々な出来事があった2016年をプレイバックするサウンドトラックになっている。FNMNLはDJ LEADに、日本と世界のHIP HOPのパーティの違いや、彼のリアルなHIP HOPの経験、将来の目標について話を聞いた。

Interview by Jun Yokoyama

--

今ニューヨークは何時頃ですか?最後に何を食べて、誰といますか?そして今、何を聴いていますか?このインタビューを答えてくれている周りの事を教えてください。

DJ LEAD - 今SOHOのホテルで一人でこの原稿を書いてます。お昼の2時過ぎに、近くにある、昨日DJ BIG BENに教えてもらったBlue Ribon Fried Chickenを食べて帰ってきて、Nathanielってシンガーから送られてきたRemy Ma とpapooseとの新曲"Black Love remix"や、ガーナのラッパーから送られてきた新曲など、メールボックスに個人的に届いた新曲をチェックしながら書いてます。

DSC0434
Photo by Jun Yokoyama

この夏、HOT 97 SUMMER JAM TOKYOがすべて終わった時、DJの皆さんとセルフィーを撮っていた時の気持ちを教えてください。

DJ LEAD - みんな凄くイイ笑顔だったし、やって良かったーって、、心から思いました。

HOT 97 SUMMER JAM TOKYOのオーディエンスのリアクションはどうでしたか?DJ LEADさんの考え方を変えるインパクトがある経験になりましたか?

DJ LEAD - 日本にもこんなにUS HIP HOPが好きな人がいるんだ!って再認識させられたし、アイドル的なファンじゃなくて、音楽やカルチャーとしてHIP HOPが本当に好きで、プレミアになってたチケットを頑張ってゲットして遊びに来てくれたのが凄く伝わりました。

DSC8132
Photo by Jun Yokoyama

DJ LEAD - それと同時に、日本語ラップとUS HIP HOPのファン層が昔よりも離れているなと感じました。例えばフランスやタイとかでも自国アーティストの曲は普通にクラブでかかるし、USが好きな人も自国の曲も好きだったりする。ファン層を二分してしまってるのは単純に数字だけ見てもシーンにとって勿体ないし、なんとかしたいなと。

HOT 97 SUMMER JAM TOKYOの最後にDJ LEADさんは、クラウドへの謝意と来年は5倍の規模で戻ってくることを誓ってくれましたが、『HOT 97 SUMMER JAM TOKYO』はファンたちにとってどのような存在でありたいと思っていますか?

そして一人のDJとして、そして日本とアメリカのシーンを繋ぐ一人の人間として、今後HOT 97 SUMMER JAM TOKYOをどのような存在にしていきたいですか?

DJ LEAD - NYに行こうと思ったら普通に仕事してる人は中々いけるものじゃないので、日本にいながら本場の本物のHIP HOPのSHOWを見てもらえたらなって思います。

いいSHOWを作るにはアーティストだけブッキングすればいいってものでもないんです。HOT 97 SUMMER JAM TOKYOは音響、照明から舞台演出に、その他のスタッフまで本国NYから合わせて50人近くのスタッフが来日して一緒にSHOWを作っています。

僕が心からヤラれたHIP HOPのSHOWを見て、それにヤラれてラップやDJを始める若い子がでてくるのも嬉しいし、毎年お客さんにとって思い出に残るSHOWになればと思います。

DJ LEADさんが所属しているラジオ局HOT 97はHIPHOPなどアーバン・ミュージックオンリーのラジオ局ですが、日本のリスナーにとってそのようなラジオ局が存在すること自体が難しいと思います。HOT 97とは音楽ファンやニューヨーカーにとってどのような存在で、どういう風に聴かれているのでしょうか?

DJ LEAD - HOT 97は生活に密着したラジオ局だと思います。生放送でリスナーの誕生日や卒業を祝ったりもするし、Thanksgivingやクリスマスなど、行事ごとの週末はDJ達が100時間くらいノンストップでミックスをして各行事ごとのハウスパーティーに華をそえます。

また、TwitterなどのSNSを通じてリスナーとDJがダイレクトにつながってる世界的に有名なNYのローカルラジオっていうイメージです。地元の生活に密着してるってところがポイントかなと、。

DJ LEADさんが担当しているINTERNATIONAL HOURは現地時間の朝(深夜)の番組ですが、どのような人が聴いている時間で、リスナーからはどのようなリアクションを得ていますか?

DJ LEAD - 元々はNYのヒットに加えて日本を中心にいろんな国のHIP HOPをできるだけかけていこうっていうコンセプトだったのですが、今は日曜深夜2時のNYのリスナーにあわせて、クラブヒット的な内容になっています。もう4年もやっているので、結構僕の事を知ってくれてる人がクラブにいたりで、聞いた事あるよって声をかけてもらえます。日本人なんで珍しさで覚えてもらえやすいっていう面では得してるかもです。昨日(今日は月曜)もクラブで朝方さっきお前の放送聞きながら来たよって言われました。(笑)

ヨーロッパツアーを経験したり、今はNYのクラブツアー中ですが、DJとして海外のさまざまな人種、国、文化のオーディエンスを相手にDJする時に大事にしていることを教えてください。日本でプレイする時と同じでしょうか?それとも違うマインドセットで挑むのでしょうか?選曲やMCについても教えて頂けますか?

IMG_6270-2 copy

DJ LEAD - 絶対にロックしたるっていう気持ちはどこでやる時もかわりませんが、DJは全く違うマインドでやっています。クラブシーンは結局ローカルのDJがつくる文化だと思うので、国によって全く違うと思います。曲を変えるスピードや展開一つとってもヨーロッパとNYでは全然違うし、NYとLAでも全く違う。ヨーロッパの中でも国によって違うし。

NYはオリジナルを好むけど、ヨーロッパは基本Mash Upの方がうけるし・・・でも、、EUでもアムスだけはNYにかなり近かったり、、アジアはコマーシャルの意味合いが違ったり。

DJ LEAD - NYでコマーシャルっていうと今だとFutureやYoung M.A.だったりするんですが、その感覚でNY以外の国でやると濃すぎるっていわれたり、、、とういうか、NYはアメリカの中でもだいぶ特殊というか、全く違うと思います。

なんせHIP HOPの生まれた街なので。それにNYの中でも地域やパーティーに集まる人種によって全然違うし、その感覚はやはり10年以上NYでパーティーに行き続けて養えたものだと思ってます。

 

MCはNYに限ってはあんまりしゃべらないようにしています。僕みたいに英語が下手な非ネイティブはNYではしゃべらない方がクールだったりするので、、、。でもアジアやヨーロッパの非英語圏なら、そんなにみんな気にしないので、僕の英語力でも多少は気にならずいけるとこもあるので、国によってあわせます。

日本でやる時は僕の母国なので、流石にお客さんが何を聴きたくて遊びにきてるかは考えなくてもわかりますし、日本は楽しいですよ!海外に行って帰って来たら、いつもやっぱり日本は楽しいって再認識させられます。

 

IMG_6207-2

以前インタビューでTHE HEAVY HITTERSに加入前に「アーティストたちとハングアウトすることが友情を育んだ」と語ってらっしゃいましたが、HH加入後インターナショナルなDJチームの一人として活動し、日本人以外のDJやアーティスト、スタッフと仕事や生活をする中で、文化の違いを感じたエピソードや自身のプレイスタイルや音楽への考え方を変えたエピソードを教えてください。

DJ LEAD - みんな少し勘違いしてるところあるかもですが、HHに入ったから僕がインターナショナルな仕事をとれたりしてるって思う人もいるかもですが、HHから仕事をもらった事は一度もないです。(笑) (あるとすれば)就任パーティーくらいかな。HHはただのファミリーなので、、助け合いこそするけどブッキングは各自に任されてます。

どこの国にも人種にも尊敬できる人はいるし、どうしようもない奴もいっぱいいるし、それを人種はどうって決めつけないようにしています。文化は違えども、お互いリスペクトしあえる人達と仕事をしたいとおもってます。

世界中でリスペクトできる仲間はいっぱいいるけど、その中でもやはりHHのDJ達、特にDJ ENUFF、DJ CAMILO、DJ KAST ONE、後HHを辞めちゃったけど、DJ BIG BENにはDJに対する姿勢やプレイスタイルに凄く良い影響を受けました。

DJ LEADさんの新しいMIX CD『HOT 97 SUMMER JAM TOKYO MIX CD』は、ワールドワイドにヒットした曲や2016年をプレイバックする時に聴きたくなるような、広いオーディエンスを対象にした、そしてドラマティックな内容になっていると思います。このMIX CDをどんな人に、どんな感じ、場所、時間、シチュエーションで聴いてもらいたいと思いますか?そしてDJ LEADさんはどのようなシチュエーションでこのMIXを聴き返すと思いますか?

DJ LEAD - HIP HOPビギナーに車で爆音で聞いてもらえたらと思います。メジャーの枠内で作ってるけど、巷にあふれるキャッチーを売りにしたような内容でもないし、しっかりHIP HOPしてると思うので、HIP HOP入門編としては丁度いいと思います。あと、僕は自分のCDはチェックする時の一回くらいしか聞き返さないです。

DJ LEADさんが考える、今年のヒットチューンと今年のHIP HOPのトレンドについて教えてください。

DJ LEAD - 今年はYoung M.A. ですかね?ハードコアでしかもゆっくりとした歌い回しの、みんなが口ずさみ易い曲がヒットする傾向にあるように思えます。

NYのHIP HOPシーンについて教えてください。今年はDJ LEADが名前を挙げてくれたYoung M.A.という新人も登場しましたが、NYのHIP HOPシーンの勢いはDJ LEADさんの目(耳)にはどのように映りますか?

DJ LEAD - EDMが終焉をむかえNYはHIP HOP一色です。すごくDJしてて楽しいですよ。まだまだHIP HOPはこれからもっと盛り上がると思います。今から新しい黄金期がくるような気配がしてます。

アトランタの新人たちLil YachtyやRae SremmurdはHOT 97のEbroとビーフがありました(FNMNL記事)。今年は新世代とベテランとの対立が目立ったような気がします。DJ LEADさんは、新しい世代のラッパーについてはどう考えていますか?

DJ LEAD - 新しいラッパーは基本好きです。賛否両論あると思いますが、今までと違うからこそ魅力的だし、ずっとNas やRakimがやばいって言ってても、やばいのはわかってるけど、それじゃー飽きるし、色んなタイプの人がでてきたらそれをどう料理しようかとDJ的な楽しさは広がると思ってます。

アメリカと日本で活動するDJとして、日本のHIP HOPシーンはどのような点がユニークであると考えますか?そして日本のアーティストが世界で活躍するために必要なものがあるとすればそれは何ですか?

DJ LEAD - 日本は間違った見解がそのまま流行みたいになっちゃってるのは笑えますね。それはそれでみんなが楽しいんなら勝手にしたらいいけど、例えばネットとかで情報を得たのか、TrapとかBass Musicが流行ってるみたいに勘違いして、HIP HOPとうたってるパーティーで、1時間ずっとそんなのかけてるDJとかいて、お客さんもこれがいけてるんでしょ?みたいに無理矢理思い込まされようとしてたり、、、NYでTrap なんかほとんど聞かないし、、。

ヨーロッパでもアジアでも僕はあーいう日本独特の特殊なパーティーは見た事がないです。外人は自分勝手だし、面白くなかったら客がすぐに文句言いに来るし、日本みたいに誰々さんがまわしてるから、これは間違いないんだ!みたいな、擦り込みというか変な勘違いは絶対に無いです。

あと、HIP HOPのパーティーで少しでもハウス的な曲をかけたらダメみたいな傾向も違和感がします。例えばRihanna x Calvin harrisみたいな曲はHouseのカテゴライズなのかもしれないけど、女の子は基本好きだし、その流れで3曲くらいHIP HOPのパーティーでもその辺かけたらいいのに、、基本かけないですよね。

これは僕がやってるようなメインストリームのパーティーにかぎってですが、、。

 

基本的に日本だけでやってるDJに足りないと思うとこは、お客さん第一でやれてない事かな。NYのメインストリームでやってるDJは基本的にお客さんが知らない曲はかけないです。最低でも60%以上の人が知ってる曲をかけてる気がします。

たまに日本人のDJってガチでみんな知らないアルバムの曲とかを自分がかっこいいと思ってるだけで、やばない?みたいに押し付けでかけるDJがいますよね。あーいうのは海外でDJするならありえないし、5分以上つづけたら、ビール瓶飛んでくると思います。

ご自身でMIX CDを一言でセールスするなら、どのような売り文句を付けますか?

DJ LEAD - HOT 97 SUMMER JAM TOKYO最初で最後のオフィシャルCD。

2016年はDJ LEADさんにとってどのような一年でしたか?BESTとWORSTな出来事/モノとそれにまつわるエピソードを教えてください。

DJ LEAD - Bestは今NYにいるのですが、やっとNYの一流クラブばっかりで自分がメインタイムでツアーを組めた事ですかね。規模としては本国のHOT 97 SUMMER JAMと比べたら小さいのかも知れないですが、僕はクラブでDJするのが一番好きだし、5万人の前でやるよりも、500人の最高のお客さんの前でDJ出来てる今が一番楽しいです。

今まで10年以上NYで挑戦してきて、チャンスを拾い続けても、オープンで人が入ってきたら「メインDJに替われ」と言われたり、悔しい思いしてきたので。

今、クラブ側に「今日は1時から4時やってくれるか?」って言われたらそれほど嬉しい事はないです。あと今回はHOT 97やHHも関係なしにDJ LEADとしてブッキングしてもらえた事ですかね。

日本では僕がどれだけロックしようが1時間でお願いしますとか言われるけど、NYでは信頼を得たら、ギャラプラスするからもう1時間まわしてもらえる?って聞かれるのでそういう意味ではすごくやりがいを感じます。

HOT 97 SUMMER JAM TOKYOもそうでしたが、質のいいお客さんの前でやる事がすごく大事な事だと思っています。

プロなら客を選ぶなって思われるかもですが、もちろんどこでもやれますが、僕はプロだからこそ、わかってるお客さんの前でもっとDJして、もっと自分を高めたいと常に思ってます。WORSTな事はいっぱいあったけど、忘れました。

2017年はどのような場所で、どのような活動をしたいと考えていますか?目標や決まっている大きなプロジェクトなどあれば教えてください。

DJ LEAD - やはりクラブDJとして最高峰のクラブがあるべガスやマイアミ、ドバイとかでDJしたいです。あと、もちろんHOT 97 SUMMER JAM TOKYOを成功におさめたいです。

最後にFNMNL読者や周りのDJやスタッフの皆さんにシャウトアウトをお願いします。

DJ LEAD - 機会があれば僕のまわしてるパーティーに遊びにきてください!乾杯しましょう!

---

歴史的あの日を再び・・・
(New York ✈︎ Tokyo) HOT 97 SUMMER JAM TOKYO をこの1枚で体感せよっ。

ーーーーーーーーーーー
「HOT 97 SUMMER JAM TOKYO mixed by DJ LEAD」
発売日:2016.12.14(水)
フォーマット:CD
品番:UICZ-1639
組み枚数:1
レーベル:Universal Music
発売元:ユニバーサルミュージック合同会社
発売国:日本
ーーーーーーーーーーー

日本におけるヒップホップの概念そのものが変わったあの日。
その場で目撃した誰もが感じたニューヨークの匂いを再び・・・
HOT 97を代表して、日本が生んだカリスマ “DJ LEAD” があの歴史的1日を見事にMIXCDとして集約。

《 このCDでしか聴くことのできない >> Exclusive Point !! 》
#当日の貴重なLIVE音源収録
#EBROを始めHOT 97のパーソナリティー陣によるMICパフォーマンス収録
#DJ LEADに寄せられた各アーティストからのDrop収録

今や世界的DJにまでのぼりつめた DJ LEAD が魅せるHOT 97 SUMMER JAM TOKYOを通じて
日本のリスナーに伝えたかった本当のHIPHOPの楽しみ方。この1枚を通じて体感して下さい。

《DJ LEADコメント》
超プレミアチケットとなった2016年のSUMMER JAM TOKYO。
実際に会場に来れたお客さんも、惜しくも来れなかったお客さんも、、
少しでもこのCDで現場の臨場感を体感して、来年を楽しみにしてもらえたらと思います! by DJ LEAD

ーーーーーーーーーーー
「HOT 97 SUMMER JAM TOKYO mixed by DJ LEAD」

★いまだかつて、ここまで臨場感のあるMIXCDが存在しただろうか!?
当日のDJ LEAD PLAY LISTと共に蘇るあの熱気を体感せよっ。

01. INTRO
02. Desiigner / Panda
03. Rick Ross / B.M.F. (Blowin' Money Fast) feat. Styles P
04. 2 Chainz / Birthday Song feat. Kanye West
05. Silento / Watch Me (Whip/Nae Nae)
06. K Camp / Money Baby feat. Kwony Ca$h
07. Chief Keef / Love Sosa
08. Roscoe Dash / All The Way Turnt Up feat. Soulja Boy Tell'em
09. Joey Bada$$ / Devastated
10. Tory Lanez / Say It
11. The Weeknd / Acquainted
12. Charly Black / Gyal You A Party Animal
13. Justin Bieber / Sorry
14. Bryson Tiller / Sorry Not Sorry
15. Jeremih feat. YG / Don't Tell 'Em
16. Iggy Azalea / Fancy feat. Charli XCX
17. Tyga / Hookah
18. Jhene Aiko / The Worst
19. Tory Lanez / LUV
20. 50 Cent / In Da Club
21. YG / My N***a feat. Jeezy, Rich Homie Quan
22. Pusha T / Untouchable
23. Fabolous / Lituation
24. Future / Wicked
25. Rick Ross / Sanctified feat. Kanye West, Big Sean
26. Jeremih / oui
27. Tavis Scott / Antidote

All The Tracks Selected & Mixed by DJ LEAD
http://www.djlead.com/

ーーーーーーーーーーー

★リリースパーティー開催決定!

“ DJ LEAD × HOT 97 SUMMER JAM TOKYO ” MIXCD RELEASE TOUR!

>> 2016年
12/16(Fri) 大阪 GHOST Ultra Lounge
http://ghostosaka.com/

12/17(Sat) 京都 BUTTERFLY KYOTO
http://butterfly-kyoto.com/

12/18(Sun) 福岡 Cat's Fukuoka
http://club-cats.jp/

12/22(Thu) 東京 HARLEM
http://www.harlem.co.jp/

12/29(Thu) 名古屋 iD Cafe
http://www.idcafe.info/

2017年
1/8(Sun) 広島 Club G
http://clubg.jp/

・・追加公演随時発表
http://www.djlead.com/

ーーーーーーーーーーー

【 HOT 97 SUMMER JAM TOKYO 】
HP >> http://www.hot97summerjamtokyo.jp
Facebook >> https://www.facebook.com/hot97summerjamtokyo/
Twitter >> @summerjamtokyo
Instagram >> @hot97summerjamtokyo

related

Ebro DardenがHot 97で今後一切6ix9ineの曲をかけないという報道を否定

現在、強盗や殺人など計9つもの罪で収監中の6ix9ine。来年初頭、ついに釈放されるとの報道も出たが、そんな中、ニューヨークの人気ラジオ局Hot 97が6ix9ineの釈放後、彼の楽曲を一切プレイしないと報じられた。

JEREMIH、KID INK、YOUNG M.AらがHOT 97 SUMMER JAM TOKYO 2017に登場!

世界のヒップホップ・R&Bシーンをリードするニューヨークのラジオ・ステーション「WQHT HOT 97 FM」が11/11に東京で開催する"HOT 97 SUMMER JAM”のフルラインナップが発表された。

Kanye Westの曲作りのプロセスの秘密をVic Mensaが明かす

Vic Mensaが番組『HOT97』のインタビューに出演した際に、Kanye Westとの関係、彼の作曲について語った。

most popular

【Interview】UKの鬼才The Bugが「俺の感情のピース」と語る新プロジェクト「Sirens」とは

The Bugとして知られるイギリス人アーティストKevin Martinは、これまで主にGod, Techno Animal, The Bug, King Midas Soundとして活動し、変化しながらも、他の誰にも真似できない自らの音楽を貫いてきた、UK及びヨーロッパの音楽界の重要人物である。彼が今回新プロジェクトのSirensという名のショーケースをスタートさせた。彼が「感情のピース」と表現するSirensはどういった音楽なのか、ロンドンでのライブの前日に話を聞いてみた。

【コラム】Childish Gambino - "This Is America" | アメリカからは逃げられない

Childish Gambinoの新曲"This is America"が、大きな話題になっている。『Atlanta』やこれまでもChildish Gambinoのミュージックビデオを多く手がけてきたヒロ・ムライが制作した、同曲のミュージックビデオは公開から3日ですでに3000万回再生を突破している。

Floating Pointsが選ぶ日本産のベストレコードと日本のベストレコード・ショップ

Floating Pointsは昨年11月にリリースした待望のデビュー・アルバム『Elaenia』を引っ提げたワールドツアーを敢行中だ。日本でも10/7の渋谷WWW Xと翌日の朝霧JAMで、評判の高いバンドでのライブセットを披露した。