今年一番再生されたMVのTOP10をVEVOが発表。昨年末リリースされたJustin Bieber「Sorry」がトップの座を獲得

今年一番再生された曲のリストをVevoが発表した。2015年の10月にリリースされたJustin Bieberの"Sorry"が今年18億回再生でトップの座を獲得した。リストをチェックして今年のトレンドをおさらいしよう。

FNMNLのリディム・ムーブメントで特集したようにEDMのDiplowaveもしくはBeiberCore、もしくはトロピカル・ハウスと呼ばれるダンスホール・レゲエの風味を取り入れた、2016年を象徴するダンス・ミュージックと、ダンスをフィーチャーしたMVが2016年のトップビデオになった。

2015年のクラシック・チューンAdeleの"Hello"が2位にランクイン。 TOP10のうち4曲のみが今年にリリースされた曲であることも興味深い。

Fifth Harmony'の"Work from Home"、Calvin Harris "This Is What You Came For"、Rihanna "Work"や The Chainsmokersの"Closer"が今年リリースされた曲だ。ちなみにMark Ronsonの"Uptown Funk"は2014年にリリースされた。

以下がリスト。数字は今年の再生回数。

Justin Bieber, "Sorry" - 1,824,823,909

Adele, "Hello" 1,255,754,358

Fifth Harmony, "Work from Home" - 1,173,014,751

Calvin Harris ft Rihanna, "This Is What You Came For" - 1,008,115,358

Justin Bieber, "What Do You Mean?" - 1,002,151,667

Justin Bieber, Love Yourself" - 966,846,883

Drake, "Hotline Bling" - 899,014,469

Mark Ronson, "Uptown Funk" - 825,589,463

Rihanna, "Work" - 800,984,121

The Chainsmokers, "Closer" (Lyric) - 776,806,154

via Noisey

related

BALENCIAGAがKaty Grannan撮影によるポートレートシリーズを公開 | Justin Bieberも登場

BALENCIAGAがアメリカの写真家Katy Grannanが撮影したポートレートのシリーズを公開した。

ストリーミングサービスにおける再生回数売買の実態が報道される|130万円の費用でYouTubeの再生回数100万回の水増しが可能?

ストリーミングサービスが多くのアーティストにとっての主戦場となった今、再生回数は人気や評価、また収入を左右する大きな指標となっている。その中でbotを使用した再生回数の偽装が問題視されることもあるが、今回、とあるマーケティング会社が語った再生回数水増しの実態が報道されている。

Crocs™️とJustin Bieberのコラボレーションが実現

カジュアルフットウェアブランドのCrocs™️と言わずと知れた世界的人気アーティストJustin Bieberのコラボレーションで『Crocs™️ × Justin Bieber with drew Classic Clog』限定モデルが日本時間の10月14日(水)午前10時より、 Crocs™️公式オンラインショップにて発売される。

most popular

音楽を聴いて鳥肌が立つのは特殊な脳の構造を持つ人だけが経験できるという研究結果

音楽を聴いて鳥肌が立つ、という体験をしたことがあるだろうか。もしあるならば、あなたはとてもラッキーな経験をしている。

大人になってからの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽で形成されている

私たちの音楽の好みは14歳の時に聴いた音楽によって形成されていると、研究により明らかになった。

Appleの重役がiTunesの音楽ダウンロードが終了することを認める

ついにその日が来てしまうのだろうか。先日発表されたアメリカレコード協会(RIAA)の2017年末の収入報告でもデジタルダウンロードの売り上げが2011年以来6年ぶりにCDやアナログレコードなどの売り上げよりも少なくなったと発表されたが、ちょうどそのタイミングでApple Musicの重役のJimmy Iovineが、iTunesストアの音楽ダウンロードが、終了する見込みであることをBBCの取材に対して認めている。