2016 Best Or Worst by 蒲谷健太郎 (bal)

いよいよ2016年も残す所、12月を残すのみ。今年も様々な作品の話題や、トピック、ムーブメントが起きては過ぎ去り、慌ただしい日々を過ごしていたという人も多いはず。そんな2016年をFNMNLなりに振り返る企画「2016 Best or Worst』がスタート。様々なジャンルで活躍する方々に、今年の個人的なベストもしくはワースト、もしくは両方をあげてもらった。こちらはbalのデザインを担当する蒲谷健太郎による、ベスト&ワースト。

2016 ベスト by 蒲谷健太郎

NIKELAB AIR ZOOM SPIRIDON ROUNDEL LONDON

Nike

コメント
いっぱいあった中で、最近購入して気に入っているものにしました。
オリジナルカラーも所有しているSPIRIDON。こちらはROUNDEL LONDONとのコラボモデル。個人的に90年代のヨーロッパユースカルチャーに注目していて、カジュアルズやレイブファッションなどをチェックしてまして、そういった90’S RAVERムードのあるこちらは特に惹かれました。文字を全面にあしらうという、ギリギリ感とリフレクターでガンガン光るという、パーティー向けな仕様も好きです。ZOOM AIRの履き心地も好きです。

2016 ワースト by 蒲谷健太郎

NIKE AIR JORDAN 1 BANNED

Nike

コメント
ワーストはAJ1 BANNEDです。え!なぜこれがワースト?!と思われる方も多いと思いますが、欲しくても買えなかったというだけです(笑)好きなアーティストもよく着用しているので、手に入らなくなった今でも羨んでおります。
オークション等ではかなり高値なので次復刻するであろう5年後あたりに挑戦したいと思ってます。

来年に向けての告知など

ファッションサイトEYESCREAM.JPにてブログも更新中。
仕事もDJもマイペースにやって行きたいです。DJオファーお待ちしております。

プロフィール

蒲谷健太郎

蒲谷健太郎

1999年創業の balanceweardesign を経て、都市環境に順応したトータルウェアとグラフィックの提案をコンセプトに、1990年代のミックスカルチャーにインスパイアされたリアルクローズを展開する。音楽とファッションの親密な繋がりをものづくりに反映したハイカジュアルなストリートウェアに定評あるbalのデザインを担当。フードラバーの一面も。SNSやEYESCREAM.JPブログにて発信中。

http://baloriginal.com

RELATED

BALの2019 AW COLLECTIONのLOOKが公開 | テーマは「Chance Operation」

BALが2019 AW COLLECTIONのLOOKを公開した。

BALが2019 SS CollectionのLOOKBOOKを公開 | テーマはChance Operation

音楽とファッションの親密な繋がりを、ものづくりに反映したハイカジュアルなストリートウェアで知られるBALが、2019 SS CollectionのLOOKBOOKを公開した。

1 of 2018 Selected by 蒲谷健太郎 (bal)

FNMNLの恒例の年末企画、今年は『1 of 2018』を展開。この企画ではアーティストやDJ、デザイナー、ショップオーナーなど今年を彩った重要人物たちに、個人的に印象的だった出来事、楽曲、映画、本などから1つテーマを自由に決めてもらい紹介してもらおうというもの。ベストなものから中にはワーストなものも飛び出すかもしれない、この企画をきっかけにそれぞれの2018年を振り返ってみては?

MOST POPULAR

NYのSupremeファンを恐怖に陥れるThe Apeとは?!

NYではSupremeはご用心

NYのスケーターの間でSupreme離れが進んでるとの報道。ルイ・ヴィトンとのコラボが影響か

Supremeとルイ・ヴィトンとのコラボの影響はポジティブな面でも、ネガティブなでも、その影響は大きそうだ。ポジティブな面で言うとこのストリートファッションシーンの巨人が、前人未到の地位にいることを再確認させてくれた。コラボ直後にはルイ・ヴィトンを手がける世界最大のファッション企業体LVMHグループがSupremeを買収するという噂話も、まことしやかに流された。

Thrasherの編集長がスケーターアイテムを着るセレブを批判

Thrasherは1981年に創刊されたスケート雑誌の象徴といえる存在だ。現在ファッション業界でThrasherのロゴが入ったTシャツやパーカーなどのアイテムが、トレンドになっている。