原宿のOPENING CEREMONYでMAIDEN NOIRのPOP UP Shopが開催。VANSとのコラボシューズを限定発売

12/10から12/25まで東京・原宿のOPENING CEREMONY OMOTESANDOでMAIDEN NOIRのPOP UP Shopが開催される。

今回のPOP UPでは、12月10日に世界に先駆けて(海外は12月15日)、日本ではOPENING CEREMONY OMOTESANDOとMAIDEN NOIR JAPAN ONLINE STOREのみの
限定発売となるMAIDEN NOIRVANSによるコラボレーションコレクションをメインに、MAIDEN NOIR 2016 A/W COLLECTIONも展開する。

また、12月9日金曜日にはOPENING CEREMONY OMOTESANDOにて豪華DJ陣を招きレセプションパーティを行う。
誰でも入場可能なイベントとなっており、、翌日の正式ローンチよりも一足早く、MAIDEN NOIR x VANSのアイテムを同店にて購入できる。

MAIDEN NOIR x VANSプロジェクトは、今日のスケートボード界に最も影響を与えた90年代に市場を席巻したVANSの代表作とも言えるHalf CabとOld SkoolとSk8-Hiの3型をピックアップ。マイク・キャロル、リック・ハワード、マーク・ゴンザレスサルマン・アガー等といったこの時代を代表するスケーター達がHalf CabやOld Skoolを履き、当時のスケートボード業界を変えていった。毛足の長いブラッシュスゥェードにブラックソール、コントラストステッチといった90年代の雰囲気を醸し出すデザインやディテールに繊細なアップデートを施した仕上がりとなっている。

今回はVANSの中でも限られた店舗のみで展開しているVAULTラインからのリリースとなる。毛足の長いブラッシュスゥェードにブラックソール、コントラストステッチといった90年代の雰囲気を醸し出すデザインやディテールに繊細なアップデートを施した仕上がりとなっている。ソールに巻かれたサイドテープの巻き方やVANSロゴを入れたウーブンラベルのカラー,ラスト(足型)など、U.S.A工場時代のオリジナルディテールを再現。両社のブランドネームが入るナップサックが付属される。

VANS
HALF CAB  ¥17,000(税抜)
OLD SKOOL
OLD SKOOL:¥16,000(税抜)
SK8HI
SK8 HI:¥17,000(税抜)

日本での取り扱いはMAIDENNOIRのオフィシャルウェブサイト
リリースに合わせて期間限定で開催されるOPENING CELEMONY 表参道店でのPOPUPSHOPのみでの限定販売となる。

<Info>

Maiden Noir

•MAIDEN NOIR POP UP at OPENING CEREMONY OMOTESANDO

DATE : DECEMBER 10TH(SAT) - 25TH(SUN)

OPENING RECEPTION PARTY : DECEMBER 9TH(FRI) 18:00 - 21:00
DJ:YOSA,LISACHRIS, Mr.TIKINI

お問い合わせ:
MAIDEN NOIR JAPAN
03 6805 0650
OPENING CEREMONY OMOTESANDO
03-5466-6350
東京都渋谷区神宮前6-7-1-B

 

http://www.maidennoir.jp (japan)

http://www.maidennoir.com (us)

MAIDEN NOIR(楽天)

related

MIN-NANO/TOXGOの中津川吾郎ディレクションのVANS 「HOLIDAY GIFT」 SUEDE PACKが登場

Vans Japanから2022年のホリデーシーズンを締めくくるオールスエードのパッケージが登場した。

StüssyとNikeのコラボレーションでAir Penny IIが登場

1996年に初登場したAir Penny IIが、StüssyとNikeのコラボレーションモデルとして発売される。

Stone Islandからサッカー、グライム、UKロックから着想を得たスニーカーが登場

Stone Islandから3種類の新作スニーカーが登場した。

most popular

NYのSupremeファンを恐怖に陥れるThe Apeとは?!

NYではSupremeはご用心

NYのスケーターの間でSupreme離れが進んでるとの報道。ルイ・ヴィトンとのコラボが影響か

Supremeとルイ・ヴィトンとのコラボの影響はポジティブな面でも、ネガティブなでも、その影響は大きそうだ。ポジティブな面で言うとこのストリートファッションシーンの巨人が、前人未到の地位にいることを再確認させてくれた。コラボ直後にはルイ・ヴィトンを手がける世界最大のファッション企業体LVMHグループがSupremeを買収するという噂話も、まことしやかに流された。

Thrasherの編集長がスケーターアイテムを着るセレブを批判

Thrasherは1981年に創刊されたスケート雑誌の象徴といえる存在だ。現在ファッション業界でThrasherのロゴが入ったTシャツやパーカーなどのアイテムが、トレンドになっている。