DIGAWELの2017SSコレクション [MOVE] LOOK BOOK

DIGAWELの2017SSコレクションのLOOK BOOKが公開された。今回のテーマは [MOVE] 。

 

[MOVE]というテーマにそって、a gangster movie,Western John Ford、República de Cabo Verde、One Flew Over the Cukoo’s Nest、Frankenstein blond、It’s not the owner of a stage coach who builds railways.などの文章がそれぞれ、響き合い和音を作るように今回のコレクションを作り上げている。

ジョン・フォードの西部劇、フィルム・ノワールなどのギャング映画、北アフリカに浮かぶ島々からなるカーボベルデ共和国、映画『カッコーの巣の上で』、金髪のフランケンシュタインなどの単語から、活劇や、バカンス、逃走など、様々な種類の動きから、想起されるアイテム群となっている。

DIGAWELのラインではシンプルかつミニマルながら、西部劇に登場する衣服をモダンにアップデートしたようなアイテムが印象的だ。

またdigawel4のラインは、より遊びのきいたデザインでDIGAWELではおなじみのFrank Oceanからのインスピレーションを受けたアイテムや、カーボベルデ共和国の国旗をあしらったデザインのアイテムまで、より自由度の高いコレクションが展開されている。

<Brand Info>

Shop

DIGAWEL 1

153-0051 東京都目黒区上目黒 2-30-7 石崎足立ビル 1F

DIGAWEL 2

153-0065 東京都目黒区中町2-11-16

Web

http://www.digawel.com

RELATED

盛岡のコンセプトショップCIYでDIGAWELのオフィスをテーマにしたPOP UPが開催

盛岡のコンセプトショップCIY (Choice is yours)にて、DIGAWELのオフィスをテーマにしたポップアップイベント「ディガウェルによるオフィスウエア」が、4/27(土)から開催される。

DIGAWELによるオフィスをテーマにしたPOP UPが今度はTHE CONRAN SHOPで開催

DIGAWELが昨年から社食堂やHIBIYA CENTRAL MARKETで開催してきたオフィスをテーマにしたPOP UPが、4/5(金)から丸の内のTHE CONRAN SHOPで開催される。

DIGAWELの2019SS COLLECTIONのLOOKBOOK | テーマは「a study of the mass」

西村浩平がデザイナーを務めるDIGAWELの2019SS COLLECTIONのLOOKBOOKが公開となっている。

MOST POPULAR

NYのSupremeファンを恐怖に陥れるThe Apeとは?!

NYではSupremeはご用心

NYのスケーターの間でSupreme離れが進んでるとの報道。ルイ・ヴィトンとのコラボが影響か

Supremeとルイ・ヴィトンとのコラボの影響はポジティブな面でも、ネガティブなでも、その影響は大きそうだ。ポジティブな面で言うとこのストリートファッションシーンの巨人が、前人未到の地位にいることを再確認させてくれた。コラボ直後にはルイ・ヴィトンを手がける世界最大のファッション企業体LVMHグループがSupremeを買収するという噂話も、まことしやかに流された。

Thrasherの編集長がスケーターアイテムを着るセレブを批判

Thrasherは1981年に創刊されたスケート雑誌の象徴といえる存在だ。現在ファッション業界でThrasherのロゴが入ったTシャツやパーカーなどのアイテムが、トレンドになっている。