Supremeの激レアなドナルド・トランプTシャツがebayで2万3000ドルで販売中

ストリートシーンのトップブランドSupremeは、今回の大統領選挙の最終盤にInstagram上ではっきりとヒラリー支持を打ち出した。

 

This might be the most important decision of your life, make it count. Go Vote Tuesday, November 8th. #imwithher #fucktrump

Supremeさん(@supremenewyork)が投稿した写真 -

 

しかし残念ながらドナルド・トランプが勝利してしまったことで、皮肉にもSupremeが作ったあるTシャツの価値があがっているようだ。それは2003年にサンプルとしてだけ作られたロシアのコンセプチュアルアーティストのアンドレイ・モロドキンとのコラボのトランプTシャツだ。

このTシャツは今年の春も転売サイトGrailedで販売され、その時は2千ドル(約20万円)で取引されていた。しかし今回eBayに出品された同じTシャツはなんと2万3000ドル(約230万円)でアップされている。

Donald Trump

Supreme

このTシャツはバックプリントに新大統領のグラフィックが、フロントにはおなじみのボックスロゴがプリントされている。

もちろんトランプがグラフィックに描かれているといって、この時期のSupremeがトランプを支持していたというわけではないし、モロドキン自身はよりアナキスト的な思想を持ったアーティストである。しかしこのような組み合わせのTシャツが、たとえサンプルとしても存在していたのは興味深い事実である。

もしお金に余裕のある方はこちらからチェックしてみてほしい

Supreme(楽天)

RELATED

Vic Mensaがトランプ大統領は「ほぼラッパーみたいなものだった」と語る

先日、自身の新曲“Camp America”をリリースしたVic Mensa。楽曲のリリースとともに公開されたMVは、トランプ大統領の移民政策の内の1つである移民の子供達を、アメリカの国境付近の収容所に収容するという政策を批判するもので、大きな話題を呼んでいる。そんな中、VicがMSNBCの番組『The Beat with Ari Melber』に登場。ヒップホップシーンとトランプ大統領の関係性について語っている。

BirkenstockのCEOがSupremeとのコラボを断った理由を明かす

ストリートウェアブランドのトップを走るSupremeは、これまでVansやNikeの様なスニーカー小売業者からLouis VuittonやJean Paul Gaulthierといった高級ブランドまで数多くの有名ブランドとコラボしている。そんな中、昨年8月にシューズブランドであるBirkenstockがSupremeとのコラボの辞退を発表したことが話題となったが、今回、BirkenstockのCEOがその一件の詳細な理由について語った。

Supreme初の女性スケーターBeatrice DomondのインタビューがSSENSEに掲載

日本でも公開されていた映画『スケートキッチン』などで女性スケーターに注目が集まる中、Supremeに初の女性スケーターとして契約したBeatrice DomondのインタビューがSSENSEに掲載されている。

MOST POPULAR

NYのSupremeファンを恐怖に陥れるThe Apeとは?!

NYではSupremeはご用心

NYのスケーターの間でSupreme離れが進んでるとの報道。ルイ・ヴィトンとのコラボが影響か

Supremeとルイ・ヴィトンとのコラボの影響はポジティブな面でも、ネガティブなでも、その影響は大きそうだ。ポジティブな面で言うとこのストリートファッションシーンの巨人が、前人未到の地位にいることを再確認させてくれた。コラボ直後にはルイ・ヴィトンを手がける世界最大のファッション企業体LVMHグループがSupremeを買収するという噂話も、まことしやかに流された。

Thrasherの編集長がスケーターアイテムを着るセレブを批判

Thrasherは1981年に創刊されたスケート雑誌の象徴といえる存在だ。現在ファッション業界でThrasherのロゴが入ったTシャツやパーカーなどのアイテムが、トレンドになっている。