Supremeの激レアなドナルド・トランプTシャツがebayで2万3000ドルで販売中

ストリートシーンのトップブランドSupremeは、今回の大統領選挙の最終盤にInstagram上ではっきりとヒラリー支持を打ち出した。

 

This might be the most important decision of your life, make it count. Go Vote Tuesday, November 8th. #imwithher #fucktrump

Supremeさん(@supremenewyork)が投稿した写真 -

 

しかし残念ながらドナルド・トランプが勝利してしまったことで、皮肉にもSupremeが作ったあるTシャツの価値があがっているようだ。それは2003年にサンプルとしてだけ作られたロシアのコンセプチュアルアーティストのアンドレイ・モロドキンとのコラボのトランプTシャツだ。

このTシャツは今年の春も転売サイトGrailedで販売され、その時は2千ドル(約20万円)で取引されていた。しかし今回eBayに出品された同じTシャツはなんと2万3000ドル(約230万円)でアップされている。

Donald Trump

Supreme

このTシャツはバックプリントに新大統領のグラフィックが、フロントにはおなじみのボックスロゴがプリントされている。

もちろんトランプがグラフィックに描かれているといって、この時期のSupremeがトランプを支持していたというわけではないし、モロドキン自身はよりアナキスト的な思想を持ったアーティストである。しかしこのような組み合わせのTシャツが、たとえサンプルとしても存在していたのは興味深い事実である。

もしお金に余裕のある方はこちらからチェックしてみてほしい

Supreme(楽天)

related

トランプ支持者が連邦議会議事堂に侵入したことについてCardi Bが「皮肉が効いてる」とリアクション

アメリカでは今日、バイデン次期大統領の当選を承認する手続きを行なっていた連邦議会議事堂に多くのトランプ支持者が乱入するという前代未聞の騒動が起こった。トランプ支持者たちは警備を破って建物内に侵入、議事堂内では一人が銃撃を受け死亡するという事態にも発展。現在は暴徒たちが排除され審議が再開されたと報じられているが、この一件について、以前よりドナルド・トランプを一貫して批判してきたCardi Bがリアクションしている。

オバマ元大統領「ラップミュージックのビデオの中の成功はトランプ大統領と同じ」と語る

先日の大統領選挙では晴れてジョー・バイデン候補が勝利し、トランプ政権に終止符が打たれることが決まった。そんな中、バイデンが副大統領であった際に大統領であったバラク・オバマがインタビューの中で、ドナルド・トランプという存在について持論を語っている。

バイデン候補の次期大統領当確の報道にアーティストたちの様々なリアクション

トランプ大統領のクレームなどにより、バイデン候補の有利で進んでいたにも関わらず、中々当選確実の一報が出なかったアメリカ大統領選挙。本日未明にアメリカの報道各社が一斉にバイデン候補の当確のニュースを出した。

most popular

NYのSupremeファンを恐怖に陥れるThe Apeとは?!

NYではSupremeはご用心

NYのスケーターの間でSupreme離れが進んでるとの報道。ルイ・ヴィトンとのコラボが影響か

Supremeとルイ・ヴィトンとのコラボの影響はポジティブな面でも、ネガティブなでも、その影響は大きそうだ。ポジティブな面で言うとこのストリートファッションシーンの巨人が、前人未到の地位にいることを再確認させてくれた。コラボ直後にはルイ・ヴィトンを手がける世界最大のファッション企業体LVMHグループがSupremeを買収するという噂話も、まことしやかに流された。

Thrasherの編集長がスケーターアイテムを着るセレブを批判

Thrasherは1981年に創刊されたスケート雑誌の象徴といえる存在だ。現在ファッション業界でThrasherのロゴが入ったTシャツやパーカーなどのアイテムが、トレンドになっている。