XLARGE®の25周年を記念したG-SHOCKとのコラボコレクション

XLARGE®がブランド設立25周年を記念したG-SHOCKとのコラボコレクションをリリースする。

 

1983年の発売以来、タフネスを追求し進化を続けてきたG-SHOCK。今季は、代表的モデル「DW-6900」をベースに、ブランドを象徴するコーポレートカラーでもあるNAVYを、艶を抑えたマットコート素材で表現し、落ち着いた雰囲気に。XLARGE(R)としては初のNAVYボディーを採用した。

G-Shock
XLARGE×G-SHOCK DW-6900 25TH ANNIV 
PRICE:¥17,000+TAX
COLOR:NAVY
 SIZE :ONE SIZE

文字盤と尾錠は、ボディーとは対照的に、光沢のあるGOLDをあしらい、ブランド設立25周年を締めくくる記念すべきシーズンに相応しい、コンセプチュアルな色合いに仕上がった。

G-SHOCK

バックライトには、LAのヴァーモント・アヴェニューの「XLARGE(R) STORE」第一号店ショップオープン当時にリリースされたロゴの復刻「OLD OG」をレイアウト、裏蓋には「STANDARD LOGO」を刻印。同カラーウェイの特製BOX付きだ。

G-SHOCK

 

G-SHOCK

G=SHOCK

さらにこのコラボウォッチと同じコンセプトが採用された、光沢のあるフォイルプリントや刺繍でブランドロゴを表現したカプセルコレクションも同時展開している。

G-SHOCK
PRICE:¥6,000+TAX
 COLOR:NAVY、WHITE、BLACK、PINK 
SIZE :S、M、L、XL

 

G-SHOCK
S/S TEE FOIL STANDARD LOGO 
PRICE:¥5,000+TAX
 COLOR:NAVY、WHITE、BLACK、ASH、GREEN 
SIZE :S、M、L、XL
G-SHOCK
FOIL OG CREWNECK SWEAT
 PRICE:¥11,000+TAX 
COLOR:NAVY、BLACK、GREEN 
SIZE :S、M、L、XL
G-SHOCK
FOIL STANDARD LOGO PULLOVER HOODED SWEAT 
PRICE:¥12,000+TAX 
COLOR:NAVY、BLACK、PINK
 SIZE :S、M、L、XL
G-SHOCK
STANDARD LOGO 6PANEL CAP 
PRICE:¥4,800+TAX 
COLOR:NAVY、BLACK、BROWN、LtBLUE 
SIZE :ONE SIZE(頭周り58.5cm)
G-SHOCK
CORDUROY EMBROIDERY HAT
 PRICE:¥5,800+TAX 
COLOR:NAVY、BLACK 
SIZE :ONE SIZE(頭周り59.5cm)

XLARGE®がブランド設立25周年を記念したG-SHOCKとのコラボコレクションをリリースする。商品一覧ページはこちら

 

XLARGE(楽天)

related

G-SHOCKとWasted Youthのコラボレーションモデルが登場

G-SHOCKがVERDYによるアートプロジェクト「Wasted Youth」とのコラボレーションモデル『DW-5900WY』を12/9(金)に発売する。

XLARGE RECORDSからCYBER RUIとShowyRENZOをフィーチャーしたシングル“I got the speed”がリリース

XLARGEがブランド設立30周年の2021年10月にミュージックレーベルXLARGE RECORDSを本格始動。 これまでに、SANTAWORLDVIEWを迎えた“WALKING STREET”と、 OZworldを客演に迎えた“JINSEI”、 Tokyo Young Visionを客演に迎えた“X RIOT”を発表してきた同レーベルから、CYBER RUIとShowyRENZOをフィーチャーしたシングル“I got the speed”がリリースされた。

セイコー 5スポーツとオートモアイのコラボモデルが発表

セイコーウオッチのカジュアルウオッチブランド・セイコー 5スポーツからアーティストのオートモアイとコラボした数量限定モデルが発売中だ。

most popular

NYのSupremeファンを恐怖に陥れるThe Apeとは?!

NYではSupremeはご用心

NYのスケーターの間でSupreme離れが進んでるとの報道。ルイ・ヴィトンとのコラボが影響か

Supremeとルイ・ヴィトンとのコラボの影響はポジティブな面でも、ネガティブなでも、その影響は大きそうだ。ポジティブな面で言うとこのストリートファッションシーンの巨人が、前人未到の地位にいることを再確認させてくれた。コラボ直後にはルイ・ヴィトンを手がける世界最大のファッション企業体LVMHグループがSupremeを買収するという噂話も、まことしやかに流された。

Thrasherの編集長がスケーターアイテムを着るセレブを批判

Thrasherは1981年に創刊されたスケート雑誌の象徴といえる存在だ。現在ファッション業界でThrasherのロゴが入ったTシャツやパーカーなどのアイテムが、トレンドになっている。