昏睡状態から回復するとスペイン語がペラペラに。しかし同時に英語をすっかり忘れてしまっていた少年

米ジョージア州、アトランタから奇妙なニュースが届いた。そのニュースとは、昏睡状態から復活した少年が目をさますと、一度もしゃべったことがないスペイン語がペラペラになっていたという不思議なニュースだ。しかも、少年は母語である英語をすっかり忘れてしまっていたという。

 

ある少年とはReuben Nsemoh。サッカーのプレイ中、キーパーのポジションを守っていた彼はペナルティ・エリア内で他のプレイヤーと衝突し頭を強打。呼吸断続的に途絶え、生命の危機に。コーチがメディアに話したところによると、意識が回復して、吐く、ということを続けていた。

そして少年に意識が完全に戻った。一同が安堵したのもつかの間、彼は英語を全く話すことができなくなってしまっていた。その代わりに、驚くべきことに、スペイン語がペラペラになっていた。

しかし数日が経過し、彼は徐々に英語が話せるようになってきた。それに連れてスペイン語が話せなくなっていったという。

少年は「無意識のうちに兄弟が友達とスペイン語で会話していたことを覚えていたのではないか」と分析している。

彼は家で静養中とのこと。プロのサッカー選手になるのが夢だ。コーチはヘッドギアを付けて少年をピッチに戻ってもらおうと考えている。

言語習得は一日にしてならず。そしてスポーツをする時は怪我に気をつけて。というのがこのニュースから得られる教訓だろう。

via INDEPENDENT

related

12年間会っていなかった二人の女性がTwitter上で再会

SNS、特にTwitterはその暗い面ばかりが取り上げられがちだが、時には心温まるような出来事も起こるようだ。

米国で初の大麻由来の処方薬が承認される

米食品医薬局(FDA)は初の大麻由来である治療薬を承認した。大麻抽出成分を含むこの治療薬『Epidiolex』は、重いてんかんの発作を起こす病気の治療向けである。

Lil YachtyとDrakeがフロリダ高校銃乱射事件で生徒をかばい亡くなったアメフトコーチを「スーパーヒーローだ」と称える

14日に米フロリダ州南部の高校で起こった銃乱射事件。アメフト部のアシスタントコーチが生徒たちを庇って撃たれて死亡したと報道されると、Lil Yachtyは彼を「真のスーパーヒーローだ」と称えた。

most popular

ヘイトスピーチや嫌がらせを発見した時にするべき4つのこと

公共の場で嫌がらせを受けている人を見つけた時はこのように行動しようというイラスト付きのリストを投稿され、多くの人にシェアされている。

テキサスで男性が鋼鉄のフェンスとセックスし逮捕

18日、米テキサス州の32歳の男が鋼鉄のフェンスと性行為を行い、告訴された。法廷に現れず、現在逃亡中とのこと。

ヴェネチアのビエンナーレに出展された「世界東京化計画」とは?世界の有名都市が東京に変化する映像作品

6つの都市が「東京のようなアーバンランドスケープになってしまったら?」というテーマ制作された「世界東京化計画」というビデオ作品はヴェネチア・アーキテクチャー・ビエンナーレで展示されている。